映画 暗殺教室


[暗殺教室] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

映画 暗殺教室 (JUMP j BOOKS)

おみくじ評価:大吉

2015年12本目です。

【あらすじ】
椚ヶ丘中学校の落ちこぼれクラスの担任として赴任した謎のタコ型超生物、通称・殺せんせー(二宮和也)は、翌年3月に地球を破壊すると予告。
世界各国が何度も暗殺を試みてきたものの、マッハ20で飛び回る相手に歯が立たずに失敗。すると、何故か椚ヶ丘中学校で、落ちこぼれクラスの3年E組の担任を志望する殺せんせーに、日本政府は成功報酬100億円で、渚(山田涼介)らE組の生徒たちに暗殺を依頼するのでした。

【レビュー】
原作は未読です。
「暗殺」がタイトルに入っていると、やくざ映画やバイオレンス・アクションのイメージに思われがちですが、この作品は漫画が原作とあって、さすがに暴力シーンは少なく、子どもに見せたくないという印象もなく楽しめました。
マッハ20で動く生物が先生になったり、凄腕の殺し屋だったイリーナ(知英)が外国語教師って設定に「そんなアホな」とも思いましたが、漫画が原作ということを考えれば、普通に受け流せる設定になっています(笑)

84532ef25bdf07db3ec03320477446b7.jpg  350110_006.jpg  20150328173932297.jpg

【良かった点】
・CGやBGMに迫力がありました。特に、渚と業がイトナと鉄塔で対決するシーンは手に汗を握るほどハラハラでした。
・高嶋政伸はダークな役がピッタリだったり、子役のイメージが強い加藤清史朗演じるイトナがやたらカッコよかったりと、キャスティングには非常にうまかったように思えます。
・殺せんせーも殺人マシーンではあるものの、丁寧に一人一人に向き合うその姿は実に立派で、褒めるところは褒めて叱るところはちゃんと叱るというのは、普通の先生でもなかなか出来ないのではないでしょうか。

【疑問点】
・エンディングが流れる直前で茅野(山本舞香)がイトナのように触手を出していましたが、あれは何だったんでしょうか??
・回想シーンで桐谷美玲が何度か出ていましたが、彼女が結局何者だったのか、またイトナと同伴していた白ずくめの男が一体誰だったのか明かされなかったのは疑問でした。

251a2ddcefac79113b34e602ab05ee7d.jpg  350110_005.jpg  22671e1456c453701f8589e3f7431127.jpg

漫画が原作なので、そんな馬鹿なと思いながら、見て楽しむことが出来ました。
殺せんせーの「ぬるふふふ」と笑う声は、どこかで聞いたことがあるなと思いきや、嵐の二宮和也だったんですね。エンドロールで初めて知りましたqが、声の演技も上手かったですね。

いかにも続編を匂わすような終わり方でしたが、もし続編が上映されるなら、喜んでいきたいですね!!

【最後に余談】
ビッチ先生役の知英目当てで観に行きましたが、胸チラやミニスカート姿に思わずドキっとしちゃいました(笑)

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

週末興行成績ランキング(3/28-29)


[映画興行ランキング] ブログ村キーワード

blogram投票ボタン

1位(2)
映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)
2位(1)
映画 暗殺教室
3位(3)
ナイト ミュージアム エジプト王の秘密


4位(5)
ストロボ・エッジ
5位(4)
イントゥ・ザ・ウッズ
6位(初)
ジュピター
7位(6)
スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号
8位(7)
風に立つライオン
9位(8)
映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪
10位(9)
アメリカン・スナイパー

※カッコ内は前週の順位。
(初)は初登場の作品です。

「映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)」が公開4週目に再び1位に返り咲きました。
週末2日間で動員26万7559人、興行収入3億0958万6900円を売り上げ、前週動員比90.4%と高い動員力を見せており、累計動員は225万人に達し、興行収入においては25億円を突破しました。

一方、2位に後退したものの、「映画 暗殺教室」は公開2週目にして累計動員100万人、興行収入では12億円を突破し好調をキープしています。

唯一の初登場であるSFアクション超大作「ジュピター」が初登場6位スタートとなり、オープニング2日間で動員8万8739人、興行収入1億2700万9900円の成績をあげました。

女子中高生を中心に動員している青春ラブストーリー「ストロボ・エッジ」が順位を一つ上げ腰の強い興行を見せており、その他では10位の「アメリカン・スナイパー」が公開5週目で遂に累計興収20億円を突破しました。

今週は戸田恵梨香と松坂桃李主演の「エイプリルフールズ」や、松尾スズキ監督、松田龍平主演の「ジヌよさらば かむろば村へ」などが公開されますが、次週はどの作品が1位になるのでしょうか?

全国週末興行成績 3月28日〜29日
(全国動員集計) 興行通信社提供

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

イントゥ・ザ・ウッズ 字幕版


[イントゥ・ザ・ウッズ] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
blogram投票ボタン

イントゥ・ザ・ウッズ オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (CD2枚組)

おみくじ評価:

2015年11本目です。

【あらすじ】
子供がなかなかできずに悩んでいたパン屋夫婦(ジェームズ・コーデン、エミリー・ブラント)のもとに謎の魔女(メリル・ストリープ)が出現。
子供ができないのは自分が呪いをかけているからだと説明する魔女は、指定した4つのアイテムを3日以内に見つければ呪いを解くと約束。
パン屋の夫婦は子どもを授かりたいという一心で、魔女の要求に応えるべく森に足を踏み入れてアイテムを探すものの、そこにはあらゆる困難が待ち構えていたのでした。

【レビュー】
原作未読で、おとぎ話もうろ覚えの状態で見ましたが、「8時だよ、全員集合」のディズニー版といえばわかりやすいでしょうか(笑)
赤ずきん、シンデレラ、ラプンツェル、ジャックと豆の木と、誰もが知っているおとぎ話がコラボした作品になっているので、興味がありましたが、プロスポーツのチームが有名な選手をあちこちから補強してもなかなか勝てない時があるように、どんな名作を合わせても面白くなるとは限らないんだなと実感しました。

350605_001.jpg  350605_002.jpg  into-the-woods-first-photos_01.jpg

<良かった点>
魔女の呪いを解きたければ、「ミルクのように白い牛」(ジャックと豆の木)、「血のように赤いずきん」(赤ずきん)、「トウモロコシのように黄色い髪」(ラプンツェル)、「金色に輝く靴」(シンデレラ)を3日間で探さなければならず、パン屋夫妻の話を中心に各おとぎ話の主人公達が森林内でストーリーを展開させる内容になっており、本当に見つけられるのかな、見つけても本当に子供ができるのかな?と期待しながら、最初は鑑賞できました。

台詞のほとんどが歌になっているので、リズム・テンポよく映画を見られましたし、ミュージカル映画ということで、各出演者の歌唱力は抜群でした。
とりわけ、赤ずきん役のリラ・クロフォードの歌声はとてもチャーミングで、聞き応えがありました。

<疑問点>
森林を舞台に、色んな童話の主人公とストーリーを結びつけるという発想は斬新でいいと思いますが、いかんせん、足場の悪い森林の中なので、踊りがほとんどなかったのは残念でした。
確かに、歌は聞き応えがあるのですが、「ハイスクール・ミュージカル」や「マンマミーア!」のような、おー!!!と思わせるほどではありませんでした。

狼役のジョニー・デップがあたかも主要キャストのように宣伝していますが、彼の登場は赤ずきんのくだりのほんの数分と、友情出演のような扱いだったので、ジョニデ目当ての人には物足りなさ拍子抜けする人もいるかもしれません。正直、狼役は誰でも良かったのではないでしょうか?

2015031621331387c.jpg  mobile_into-the-woods-photos_08.jpg  into-the-woods-photos_01.jpg

パン屋夫婦はシンデレラ、赤ずきん、ジャックと豆の木、ラプンツェルとそれぞれ出会い、牛が途中で死んだり、森で遭難しそうになったりと、紆余曲折しながらも見事に4つのアイテムを獲得しましたが、パン屋の妻が一瞬にして妊娠6ヶ月くらいの体型になったり、牛がシンデレラの靴をいとも簡単に食べたときには思わず失笑してしまいました。

また、自分はアイテムに触れられないからアイテム探しを手伝えないと言いながらも、ラプンツェルの長髪をロープ代わりにして帰宅している姿を見てると、本当は触れるのでは??と思いましたが、ラプンツェルの髪ではアイテムとして反応せず、トウモロコシのヒゲで呪いが解けたということは、もともとラプンツェルの髪はアイテムの対象外だったということでしょうか?

僕にとってミュージカルというのは、方程式にするとしたら「歌×踊り=ミュージカル」だと思っているので、どちらか数値がゼロに近いと、その分、映画のスケールや魅力が下がると思うんですよね。

ディズニーのキャラクターが好きという方なら、そこそこ楽しめるかもしれませんが、僕のようにミュージカル映画目当てで鑑賞しようと考えている方には、物足りない内容でした。

色んな話を詰め込みすぎた感は否めませんが、僕はミュージカル映画が好きなので、もっと踊りのシーンを盛り込めていれば、中吉の評価になっていたかもしれませんね。

【最後に余談】
実は、アナ・ケンドリックを目当てで鑑賞した部分もあります(笑)
トワイライト・シリーズでは「チョイ役」だった彼女ですが、この作品では歌唱力と演技力がたくさん見れて嬉しかったです(笑)

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。