アンフェア the end


[アンフェアthe end] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

【映画パンフレット】アンフェア the end

おみくじ評価:中吉

2015年29本目(28本目)です。

【あらすじ】
4年前のネイルガン連続殺人事件の首謀者だった東京地検特捜部の村上克明(山田孝之)が高層ビルから転落死し、同時期に実父の元検事総長の村上成明(寺田農)も続けて遺体で発見。
その事件の容疑にかけられたシステムエンジニアの津島直紀(永山絢斗)は、警察の不正を告発しようとして、無実の罪にはめられたと雪平(篠原涼子)に主張。
その一方で、最高検察庁・監査指導部検察官の武部将臣(AKIRA)は、殺された村上親子が不正な組織に関与をした可能性があるとして、雪平に何か知らないかと情報提供を求めるのでした。

【レビュー】
前作の「the answer」で自殺したはずの一条(佐藤浩市)が、何の前触れもなく雪平の前に姿を出したり、雪平を裏切ったと思われた薫ちゃん(加藤雅也)は雪平を守るために命を犠牲に組織に入っていたことが分かったりと、衝撃的な展開に何度も「えっ?」と驚いてしまいました。
また、冒頭から雪平が亡命先?で全裸姿でシャワーを浴びるシーンには違った意味で驚きました。とても42歳とは思えない体型でした(笑)

この作品を見て率直に思ったことは、殺される人が多すぎることですね。アンフェアらしいと言われればそれまでですが、主要キャストで生き残ったのは雪平、小久保(阿部サダヲ)、殺されたと思った山路(寺島進)、美央(向井地美音)くらいです・・・。

352549_001.jpg  352549_004.jpg  352549_005.jpg

疑問点があるとすれば、雪平の殺害を一条に指示した男が誰だか分からなかったことですね。
録音データの声を聞く限りでは村上成明役の寺田農にも感じますが、そこはあやふやで終わってしまい、その寺田農は第1作の「the movie」で警視総監役だったのに、今作では元検事総長役だったのは二役の扱いなんでしょうか?それとも、警視総監から検事総長に昇進したのでしょうか?

また、エルドビア国に亡命しても、大使館内では警察は捜査できませんが、大使館を出て出国する間に襲撃されたらどうするんだと軽く突っ込んじゃいました(笑)

父親を殺害した相手が一条だと分かり、警察の不正をた海外で公にできたという点では雪平の勝ちでしたが、裏切りに裏切りを重ねて失ったものも多すぎて、見終わった後は爽快感というよりは「あー、こういう終わり方かあ」としんみりした気持ちになりました。

【最後に余談】
桜の木の下で雪平と美央が雑談するシーンがありますが、雪平はコートを着ているのに、美央がノースリーブのワンピースが不自然に見えたのは僕だけでしょうか(笑)

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

S-最後の警官-奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE


[最後の警官S] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

劇場版『S-最後の警官-奪還』OFFICIAL BOOK (SHOGAKUKAN Visual MOOK)

おみくじ評価:

2015年28本目(27本目)です。

【あらすじ】
生きたまま犯人を確保することを命じられた警察庁特殊急襲捜査班NPS。
ある日、プルトニウムを乗せた巨大タンカーが乗っ取られたのと同時期に、都内で小学校を人質に取ったバスジャックが発生。NPSに配属されている神御蔵一號(向井理)は現場に駆け付けたものの、NPSの狙撃手・林イルマ(新垣結衣)の打った銃弾が人質の小学生に当たり、意識不明の重体に陥ってしまうのでした。

【レビュー】
昨年1月に放送されたドラマの続編の実写版なので、ドラマを見ていなかった人にはストーリーはわかりにくいかもしれません。

僕もテレビドラマは見ていましたが、凶悪犯罪者は生きて確保するべきと主張する一號と、射殺するべきだというライバルの蘇我(綾野剛)の対立がドラマでは中心に描かれていました。
しかし、本作ではそういったシーンがほとんど見れず、正木(オダギリジョー)率いる国際テロ集団との銃撃戦が劇中の大半を占めていたのは、ドラマ版を見ていた僕としてはやや物足りない印象でした。

【良かった点】
・海上保安庁や防衛省などの全面協力だけに、テレビドラマよりもスケールアップしており、展開も緊迫感も最後まで持続しており、終始ハラハラドキドキして見られました。
・オダギリジョーの悪役がぴったりとハマっており、アクションシーンを見せるオダギリジョーはなかなか目にできないのは、すごく新鮮でした。

352548_001.jpg  352548_005.jpg  f51748fb6a18bf6d6e3c1323bf3a7855.jpg

【残念だった点】
・これを言っては元も子もありませんが、プルトニウム燃料を輸送する船のセキュリティがかなり甘すぎたり、閣僚がみんな人質になって30億円の身代金を簡単に用意したりと、政府もテロリストの要求に簡単に応じすぎでした(笑)
・現実離れしているので感情移入しにくいのかもしれませんが、事件をバスジャックだけにして、そこから物語を進展させてもよかったのではないでしょうか。
・同僚の梶尾(高橋努)の披露宴でゆづるが一號にプロポーズをするシーンは予想外でしたが、最後は一號の方からびしっとプロポーズをして終わりにしてほしかったです。

海猿の警察版といってもいいかもしれませんが、仙崎は印象深いプロポーズをしてたので、一號もインパクトのあるプロポーズをして締めくくってほしかったですね。
ネットでは続編もあるんじゃないかと書き込んでいる人もいますが、無理して映画化にするのではなく、2時間ドラマでも十分な気がしてしまいました・・・。

【最後に余談】
僕は新垣結衣目当てで見に行ったので、ガッキーのシーンももっと見たかったです(笑)

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

ロマンス


[ロマンス] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

ロマンス

おみくじ評価:

2015年27本目(26本目)です。

【あらすじ】
小田急線の特急ロマンスカーでアテンダントとして働く北條鉢子(大島優子)はある日、映画プロデューサーを名乗る乗客の桜庭(大倉孝二)に、音信不通の母親の頼子(西牟田恵)からの手紙を読まれ、激怒。
すると、手紙の内容から、自殺をするかもしれないと察した桜庭は箱根でレンタカーを借り、鉢子と共に母親探しを行うのでした。

【良かった点】
・鉢子と桜庭の凸凹コンビと言いますか、会話のやりとりが笑えて、桜庭のボケに「おい、オッサン!」と突っ込みを入れる場面は漫才を見ているようで面白かったです。母親探しではなく、いつの間にか漫才ツアーになっていました。

・大倉孝二のヘタレキャラが非常にマッチしており、「うぉっ!これマジ美味い!!」という食事のシーンや、箱根のきれいな景色に驚くリアクションもわざとらしく見えるんですが、「あー、こういう無駄にテンションの高いおっさんっているよなぁ」と思いつつ、それが大倉孝二のらしさが出ていました。

・仕事でコーヒーをこぼして乗客とトラブルになってミスを連発し、解雇になるかもしれないと脅される同僚の久保ちゃん(野嵜好美)のおどおどした演技が面白く、もっと長く見たくなるほどでした。

351817_001.jpg  351817_003.jpg  351817_004.jpg

【残念だった点】
・鉢子の恋人役で、主要キャストとして窪田正孝も入っていますが、ワンシーンのみだったのが残念です。ワンシーンだけなら、窪田正孝じゃなくても良かったような気がします・・・。

・ロマンスカーを愛用して実際の乗務員の接客応対も知っているせいか、姿は様になってるんですけど、「○○はいかがでしょうか?」という車内販売も雑に聞こえてしまったのが残念です。もっと訓練をして乗務員になりきってほしかったです。

・冒頭で桜庭が車内販売をしてるワゴンからお菓子を取り出して鉢子に万引き犯と疑われますが、警察に通報されてもおかしくない行為なのに、駅長はが穏便に済まそうとしてるシーンはリアルに欠けていました。
実際に万引き犯になれば、この作品のストーリーが成り立たなくなってしまいますが、この映画を見ると「小田急は防犯が甘い」と思われかねないので、万引きではなく、桜庭が鉢子にナンパをするという設定だったら、余計に怪しい男に思えて楽しめたのではないでしょうか。

351817_005.jpg  351817_006.jpg  351817_007.jpg

「大島優子と言えば、元AKBのセンター」という固定観念が僕の中にはありましたが、この作品にはアイドル時代の面影はなく、乗務員には完全になりきっていなかったものの、一人の女優として見ることができ、どこにでもいそうなOLを演じていました。
ただ、出演者が少なく、物事が淡々と進んでいるせいか、母親探しは不発に終わり、大島優子前手で鑑賞した人には楽しめたかもしれませんが、箱根や小田急線沿いにゆかりのない人にはやや退屈に感じるかもしれません。

【最後に余談】
半年ぶりにブログを更新しました。
これからも更新頻度は遅くなるかもしれませんが、何卒よろしくお願いします!!!

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン