の・ようなもの のようなもの


[松山ケンイチ] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

の・ようなもの のようなもの (ムビチケオンライン券)

おみくじ評価:

2016年2本目です。

【あらすじ】
30歳で仕事を辞めて落語家に転身したものの、まったく成長が見られない出船亭志ん田(松山ケンイチ)。
ある日、志ん田は師匠の志ん米(尾藤イサオ)から、スポンサーである後援会長の斉藤(三田佳子)のご機嫌を取るため、かつて一門にいた兄弟子の志ん魚(伊藤克信)を探すよう頼まれ、志ん米の娘の夕美(北川景子)と一緒に志ん魚を探すのでした。

【レビュー】
この作品は1981年公開の「の・ようなもの」の続編で、伊藤克信や尾藤イサオなど、前作の主要キャストが全く同じ役柄で演じており、森田監督の作品に出演したことがある俳優さんたちが出ているのも特徴のひとつです。

この作品の主役は松山ケンイチですが、落語の演技がとても魅力的で、「ちょいと、ちょいと」としゃべり方を聞いているだけでも思わずくすっと笑ってしまうほどで、ど根性ガエルのヒロシを彷彿とさせるキャラが見事にはまっていました。
また、結婚を発表したばかりの北川景子はデニムの短パンや29歳とは思えないくらいセクシーだったり、ロデオマシーンに乗ってる姿は、テレビではなかなかお目にかかれないので、新鮮味のある演技をしていました。

main2_large.jpg  sub1_large.jpg  sub5_large.jpg

残念だった点をあえて言わせてもらうと、佐々木蔵之介や仲村トオル、鈴木京香など、森田監督の作品にかかわった俳優陣がこれでもかというほど出ていましたが、1シーンのみ友情出演的な立場で登場して驚きましたが、ワンシーンとは言わず、もっと見たかったです。とりわけ、笹野高史がキャバ嬢との合コンに志ん田を誘うシーンは笑えました。

ハリウッドのような大掛かりな演出やアクションがあるわけでもなく、かといって、つまらない映画でもない・・・。
そんな映画ではありますが、志ん田の誕生日を風呂場でケーキを出し、ケーキの上がローソクではなく線香だったり、所々で笑えるシーンがありました。
落語といったら笑点でしか見たことがありませんが、実際に寄席を見に行ってみたいなと思える作品でした。


【最後に余談】
伊藤克信を見ると、ズームイン朝のプロ野球情報を思い出してしまうのは僕だけでしょうか(笑)

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

人生の約束


[人生の約束] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

人生の約束 (幻冬舎文庫)

おみくじ評価:中吉

2016年1本目です。

【あらすじ】
IT企業で社長をしている中原祐馬(竹野内豊)は、かつての親友・航平からの度重なる着信に不安を覚え、彼の故郷・四十物(あいもの)町を訪問。
しかし、航平はすでに亡くなっており、彼が生前に新湊曳山まつりをめぐって地元のために奔走していたことを知った中原は、資金と人手不足で手放した曳山を取り戻そうと奮闘するのでした。

【良かった点】
田舎ならではの人とのつながりがきれいに描かれていた作品でした。
都会の駅前周辺はマクドナルドやスターバックスなど、全国展開している飲食店ばかりのため、個人営業をしてるお店で住民を集めてわいわい盛り上がる姿は、新鮮に映りました。

また、都会では隣近所の人との交流があまりありませんが、田舎では住民との「繋がり」があってこそ、生活が成り立っているんだなと思いました。

中原祐馬を演じた竹野内豊は、ワンマン社長ぶりを演じていましたが、「立ち止まらなきゃ見えない景色だってあるんだ」という航平のセリフが非常に説得力がありました。

12345.jpg  22345.jpg  32345.jpg

自分の考えを押し付け、部下の意見にも耳を傾けず、会社の業績アップを重視するあまりに粉飾決算を見抜けなかった姿がその典型です。
自分で会社を作ったというプライドを守りたいのはわかりますが、どんな仕事でも自分ばかりで決めずに人の意見も聞こうと思えるシーンでした。

【残念だった点】
映画館内で見た予告編では、曳山の提灯に灯りがつく時に綺麗な曲が流れていましたが、本編では一切音楽が流れずに、ただ単に「いーやーさー」と曳山を押し続けるシーンで終わったのはもったいなかったように思えます。せめて、エンドロールにでも予告編で流れたBGMを流してほしかったです。

また、航平の声は出てたものの、顔は出ず、誰が演じたのかはわかりませんでしたが、そうする必要があったのでしょうか。

3年前に経営方針の違いで解任されたので、俳優を抜擢して、社内で口論になって解任される回想シーンを盛り込み、中原が航平に書いた「友よ」という手紙もネットで反響になって西町の人間の気持ちを揺るがせた内容なら、祐馬が全文をしゃべりながら、ワープロで打つシーンでも良かったのではないでしょうか。そうすれば、中原と航平の関係もより鮮明になったと思うんです。

42345.jpg  62345.jpg  52345.jpg

構成にはいろいろと疑問はあったものの、出演者の演技はとても素晴らしく、 「40代が人生の踊り場で、過去も未来も見える」という玄さん(西田敏行)のセリフは、30代の僕には「人生まだまだこれからなんだ」と言われているようにも感じました。

新湊の人たちの元気に曳山を曳いてる姿を見てると、本当に幸せって何だろう?仕事だけが全てじゃないかもと思えました。
新湊といえば、高校野球のイメージが強かったんですが、江戸時代から続く「新湊曳山まつり」を題材にした物語となっており、人と人の繋がりや絆を感じるヒューマンドラマになっています!!!

【最後に余談】
優香と小池栄子は僕が高校生の時は人気の巨乳グラビアアイドルで、この作品では角刈りだった江口洋介も、「ひとつ屋根の下」や「愛という名のもとに」の長髪のイメージがあり、どうしても当時の固定観念が払拭できませんでした(笑)

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

2015年ミスターシネマ的満足度ランキング


[映画興行ランキング] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

ブログをご覧の皆さん、遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます!
昨年は4年半ぶりにブログを更新したものの、秋以降はなかなか更新できない状況が続いてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

2015年の鑑賞作品数は2014年の6本から49本(48作品)と大幅に増えたので、今年は更新できるように頑張りたいと思います!
さて、今回は僕が2015年に見た延べ49本のうち、面白かったもの、好きというのを重視して満足した作品をランキング形式で発表しようと思います。あくまでもミスターシネマ個人の好みで選んだランキングですので、ご了承ください(笑)

10位
先輩と彼女(10/17公開)

映画「先輩と彼女」特別版 [DVD]

10位の「先輩と彼女」は、男でも胸キュンするほどの内容になっていました(笑)
昨夏、TBS系で放送されたドラマ「表参道高校合唱部」でも共演した志尊淳と芳根京子が、この作品では先輩後輩役で共演していましたが、いい年して思わずキャーと心の中で叫んでしまいたくなるくらいのセリフばかりで、見ていて切なくなる内容でした。

「好きになることをやめられたら、どれだけ楽か。先輩、私のこと好きになってよ」というりか(芳根京子)のセリフは、恋する乙女を如実に表しているセリフでとても印象深かったです。


9位
俺物語(10/31公開)


【チラシ付き、映画パンフレット】俺物語!!   監督 河合勇人 キャスト 鈴木亮平、永野芽郁、坂口健太郎

9位の「俺物語」は非常にインパクトの大きい作品でした。
「花子とアン」では紳士的な男性だった鈴木亮平でしたが、この作品では実年齢32歳にもかかわらず、ゴリラっぽい高校生役で、それが見事にはまっており、面白かったです。とりわけ、大声で叫びながら「や〜ま〜と〜!」と走る姿は捧腹絶倒です。

また、オーディションでヒロイン役を勝ち取った永野芽郁は10代の頃の綾瀬はるかに良く似ていて、かわいらしかったです。今年度の高校サッカーの応援マネージャーにも就任しましたが、どんな女優になるのか、今後が楽しみです。


8位
バクマン。(10/3公開)


【映画パンフレット】バクマン。   監督 大根仁 キャスト 佐藤健、神木隆之介、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、山田孝之、リリー・フランキー、宮藤官九郎、染谷将太

小学生の時に何気なく読んでいた少年ジャンプでしたが、その背景には締め切りに追い詰められ、精神状態が極限まで追い込まれる漫画家がいるんだと痛感しました。
また、プレゼント目当てで毎週応募していたアンケートはがきが、漫画家の今後を左右するものだとは知りませんでした。
8位の「バクマン。」は、ストーリーよりも漫画家という職業の大変さを痛感した作品でしたね。


7位
ヒロイン失格(9/19公開)


ヒロイン失格 [DVD]

7位は「ヒロイン失格」ですが、僕は西野カナのファンということもあり、主題歌目当てで鑑賞しました。
少女漫画にありがちな胸キュンなセリフは少なかったものの、中尾彬や柳沢慎吾といったベテラン俳優が特別出演的な扱いで小ネタを交える構成はとても面白かったです。

福田彩乃や桐谷美玲は高校生役が年齢的にキツかったものの、モデルとは思えないくらい桐谷美玲のハチャメチャぶりはかなり笑えて、良くも悪くも桐谷美玲の顔芸が全てという印象でしたが、桐谷美玲のスキンヘッド姿には一本取られた気分でした(笑)


6位
マイ・インターン(10/10公開)


マイ・インターン(字幕版)


6位の「マイ・インターン」は、大人の余裕を持つことの重要性が垣間見れる作品になっていました。
70歳のインターンというのは日本では聞かない勤務形態ですが、ロバートデニーロは会社にはなくてはならない存在で、「こんな人いたらいいだろうな」と同じ男でも思うほど紳士的な役柄でした。
「ハンカチは自分が使うために持つんじゃない。女性が泣いているときに差し出せるために持っているんだ」
デニーロさん、勉強になりました!!


5位
ピッチ・パーフェクト2(10/17公開)


ピッチ・パーフェクト2-オリジナル・サウンドトラック

5位の「ピッチ・パーフェクト2」は、SATCの学生版ともいえるほど、下ネタのオンパレードでしたが、ベラーズが合宿先のキャンプファイアーでそれぞれの夢や将来を語り合うシーンを見てると、青春っていいなと改めて思いました。現役の学生が見たら「学生生活をもっと楽しもう」と思えるのではないでしょうか?

ベラーズや他のアカペラ団体の歌唱力が抜群でとてもカッコよく、特にベラーズが世界大会で披露する曲は鳥肌物で、映画館ならではの臨場感がありました。
パート1を見ずに映画館で鑑賞しましたが、十分楽しめる内容になっており、2017年7月21日に全米公開予定のパート3も今から楽しみです♪♪


4位
イニシエーション・ラブ(5/23公開)


イニシエーション・ラブ

4位の「イニシエーション・ラブ」は「最後の5分、全てが覆る。あなたは必ず2回観る」というキャッチコピーでしたが、最後の5分で見事に騙され、僕も2回鑑賞してしまいました。
同一人物だと思っていた鈴木が実は別人で、最低男だと思っていた鈴木も実は繭子(前田敦子)に騙されており、なかなか面白いからくりになっていました。
まあ、確実に言えることは、付き合っている相手の名前を間違えるのは良くないですね(笑)


3位
アゲイン 28年目の甲子園(1/17公開)


【早期購入特典あり】アゲイン 28年目の甲子園(「アゲイン 28年目の甲子園」特製ブックレット付き) [DVD]

3位の「アゲイン 28年目の甲子園」は、野球が好きな人なら楽しる作品になっています。
こんなに涙したのはいつ以来だろうか?って思うほど、ベテラン俳優の演技やストーリーに感動できました。

マスターズ甲子園の試合終了後に、甲子園のグラウンド内で坂町(中井貴一)が絶縁状態だった娘の沙奈美(門脇麦)が笑顔でキャッチボールをするシーンにはボロボロと泣かせていただきました。
父親を忘れるために、打ち込んでいたソフトボールを辞めた娘とこのシーンで仲良くなり、坂町に対して「よかったね、うんうん」と感情移入ができました。


2位
くちびるに歌を(2/28公開)


くちびるに歌を DVD 通常版

2位の「くちびるに歌を」は、主演の新垣結衣目当てで見に行きましたが、合唱部員の子供たちが本当に楽しそうな表情で歌っており、その姿に感動し、無意識に涙を流してしまいました。
また、合唱部の子供たちが主役と言ってもいいくらい、ガッキーの存在感がいい意味で薄く、彼女抜きでも十分に楽しめる内容になっているのもこの作品の特徴でした。

ホールの外で、他校の生徒たちと一緒に「マイ・バラード」を披露するシーンはとりわけ素晴らしく、改めて音楽っていいなと思えるシーンでした。


1位
アメリカン・スナイパー(2/21公開)


アメリカン・スナイパー [DVD]

2015年に見た作品で1位になった「アメリカン・スナイパー」ですが、面白かったというよりは一番印象に残った作品でした。
子供が流血するほどの殴り合いのシーンがあったり、老若男女を問わず、主人公のクリスに射殺されるシーンがあるので、見終わった後にぐったりとしてしまうほど衝撃的な内容でした。

とりわけ、対戦車手榴弾を懐に隠し持っている親子を射殺しようかどうかをスコープ越しに迷うシーンには特に緊迫感が伝わり、ハラハラドキドキでした。
また、イーストウッド監督の作品にハズレなし!ということを再認識した作品でもありました。


いかがだったでしょうか?
皆さんのトップ10と比較してどうでしょうか?
皆さんの感想もぜひ聞いてみたいですね。

2016年も私、ミスターシネマのブログをどうかよろしくお願いします!

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン