ロマンス


[ロマンス] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

ロマンス

おみくじ評価:

2015年27本目(26本目)です。

【あらすじ】
小田急線の特急ロマンスカーでアテンダントとして働く北條鉢子(大島優子)はある日、映画プロデューサーを名乗る乗客の桜庭(大倉孝二)に、音信不通の母親の頼子(西牟田恵)からの手紙を読まれ、激怒。
すると、手紙の内容から、自殺をするかもしれないと察した桜庭は箱根でレンタカーを借り、鉢子と共に母親探しを行うのでした。

【良かった点】
・鉢子と桜庭の凸凹コンビと言いますか、会話のやりとりが笑えて、桜庭のボケに「おい、オッサン!」と突っ込みを入れる場面は漫才を見ているようで面白かったです。母親探しではなく、いつの間にか漫才ツアーになっていました。

・大倉孝二のヘタレキャラが非常にマッチしており、「うぉっ!これマジ美味い!!」という食事のシーンや、箱根のきれいな景色に驚くリアクションもわざとらしく見えるんですが、「あー、こういう無駄にテンションの高いおっさんっているよなぁ」と思いつつ、それが大倉孝二のらしさが出ていました。

・仕事でコーヒーをこぼして乗客とトラブルになってミスを連発し、解雇になるかもしれないと脅される同僚の久保ちゃん(野嵜好美)のおどおどした演技が面白く、もっと長く見たくなるほどでした。

351817_001.jpg  351817_003.jpg  351817_004.jpg

【残念だった点】
・鉢子の恋人役で、主要キャストとして窪田正孝も入っていますが、ワンシーンのみだったのが残念です。ワンシーンだけなら、窪田正孝じゃなくても良かったような気がします・・・。

・ロマンスカーを愛用して実際の乗務員の接客応対も知っているせいか、姿は様になってるんですけど、「○○はいかがでしょうか?」という車内販売も雑に聞こえてしまったのが残念です。もっと訓練をして乗務員になりきってほしかったです。

・冒頭で桜庭が車内販売をしてるワゴンからお菓子を取り出して鉢子に万引き犯と疑われますが、警察に通報されてもおかしくない行為なのに、駅長はが穏便に済まそうとしてるシーンはリアルに欠けていました。
実際に万引き犯になれば、この作品のストーリーが成り立たなくなってしまいますが、この映画を見ると「小田急は防犯が甘い」と思われかねないので、万引きではなく、桜庭が鉢子にナンパをするという設定だったら、余計に怪しい男に思えて楽しめたのではないでしょうか。

351817_005.jpg  351817_006.jpg  351817_007.jpg

「大島優子と言えば、元AKBのセンター」という固定観念が僕の中にはありましたが、この作品にはアイドル時代の面影はなく、乗務員には完全になりきっていなかったものの、一人の女優として見ることができ、どこにでもいそうなOLを演じていました。
ただ、出演者が少なく、物事が淡々と進んでいるせいか、母親探しは不発に終わり、大島優子前手で鑑賞した人には楽しめたかもしれませんが、箱根や小田急線沿いにゆかりのない人にはやや退屈に感じるかもしれません。

【最後に余談】
半年ぶりにブログを更新しました。
これからも更新頻度は遅くなるかもしれませんが、何卒よろしくお願いします!!!

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
おっしゃるように、「出演者が少なく、物事が淡々と進んでい」て、全体として小振りな感じの作品で、もっと大振りな映画で活躍する大島優子を見たいものだなと思ったところです。
Posted by クマネズミ at 2015年09月29日 06:04
私はAKB48ファンで、卒業生を応援しているので、満足でした(^^)
ただご指摘の点は私も感じたところでした。だいぶ女優としてらしくなってきましたが、小さい演技に磨きをもっとかけてほしいですね。
TBやってみます。
Posted by atts1964 at 2015年09月29日 07:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426491511

この記事へのトラックバック

ロマンス
Excerpt:  『ロマンス』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)『紙の月』でなかなかの演技を見せた大島優子(注2)が主役というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、小田急の特急ロマンスカーのアテ..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2015-09-29 05:52

ロマンス
Excerpt:  大島優子主演、タナダユキ脚本・監督ということで、20、30代の女性が癒されるような作品だけど、おじさんからするとちょっと物足りなかった。大島優子もがんばっていたけど、多部未華子ほど踏み込んでいなかっ..
Weblog: 映画好きパパの鑑賞日記
Tracked: 2015-09-29 07:15

ロマンス
Excerpt: 2015年作品、タナダユキ監督、大島優子主演。 北條鉢子(大島優子)は、新宿−箱根間を往復する特急ロマンスカーのアテンダントとして働く26歳。 仕事の成績は常にトップクラスで、ミスを..
Weblog: atts1964の映像雑記
Tracked: 2015-09-29 07:45

ロマンス
Excerpt: AKB48の元エース、大島優子のAKB卒業後初の主演映画。小田急ロマンスカーのアテンダントを描いているので、撮影に際しては小田急が全面的に協力。60000系MSEが撮影に使われています。って言うか、ロ..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2015-09-29 16:23

映画 ロマンス
Excerpt: JUGEMテーマ:映画館で観た映画    小田急ロマンスカーのアテンダント役に大島優子が挑戦!   しかも、ロマン..
Weblog: こみち
Tracked: 2015-09-29 21:01

ロマンス  監督/タナダユキ
Excerpt: 【出演】  大島 優子  大倉 孝二  野嵜 好美  西牟田 恵 【ストーリー】 鉢子は、特急ロマンスカーでアテンダントとして車内販売を担当している。その日も彼女は新宿駅を出発するロマンスカーに乗り..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2015-09-30 21:24

ロマンス
Excerpt: 北條鉢子は、新宿と箱根間を往復する特急電車ロマンスカーに乗務している、優秀なアテンダント。 ひょんなことから絶縁状態の母親からの手紙を、怪しい中年の男性乗客・桜庭に読まれてしまう。 「母親は死のうとし..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-10-01 18:07