娚の一生


[娚の一生] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

娚の一生 DVD通常版

おみくじ評価:中吉

2015年7本目です。

【あらすじ】
東京で仕事と恋愛に疲れてしまった堂薗つぐみ(榮倉奈々)は、他界した祖母の十和(紺野千春)の家に引っ越したものの、謎の男・海江田醇(豊川悦司)と、半ば強引に同居を開始。
親子ほど年が離れた海江田のアプローチに、最初は戸惑うつぐみも、徐々に海江田に惹かれていくのでした。

【レビュー】
登場人物はさほど多くなく、物語も淡々と進んでいきますが、親戚の前で結婚宣言をしたり、「練習や思って僕と恋愛してみなさい」と関西弁でつぐみを口説く図々しい豊川悦司のキャラがうまくマッチしており、全くわざとらしく聞こえませんでした。
「この時代に下駄なんて履かないでしょ?」と突っ込みたくもなりますが、豊川悦司の場合は、それが貫禄のある履きこなしになっています。

<良かった点>
女性はギャップのある男性に弱いといいますが、その典型のシーンがありました。
つぐみが紛失したネックレスを悪天候でもスーツ姿で一生懸命探してみたり、祖母にお金を借りていた女性(岩佐真悠子)の息子・まことに対して「食事の時はテレビを消せ。出された食べ物はみんな食べるんや!」と注意をしていて、豊川悦司はギャップのある中年男性を見事に演じきっていました。

実際に、そういう男性がいたら、年齢にかかわらず女性は多少なりとも見直すのではないでしょうか。

349045_001.jpg  349045_004.jpg  349045_005.jpg

この作品の宣伝チラシにも載ってる、海江田がつぐみの足を舐め回すシーンは変態プレイにも見えますが、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のベッドシーンよりもエロかったです(笑)
あそこまで足をなめるシーンを目にする映画もおそらく初めてです・・・。

終盤になり、つぐみと不倫をしていた中川(向井理)が「妻とは離婚が成立したから結婚してほしい」とつぐみの自宅を訪れますが、それに怒りを覚えた海江田と中川のガチンコの殴り合いは壮絶で、見ているこっちも「おいおいマジかよ!」と驚くほどでした。

海江田は中川を失神させて病院送りにしますが、海江田も殴られて負傷しているのに、つぐみが海江田ではなく、中川に声をかけた時の海江田の寂しそうな表情が印象的でした。
殴り合いでは海江田が勝ちましたが、海江田には「やっぱり、この男の方が好きなのか」と並ならぬ敗北感があったように思えます。

<疑問点>
まことの母親がタクシーで迎えに来て、つぐみや海江田に何も言わずにその場を去ってしまうのも不自然で、普通なら、お礼や「ご迷惑をおかけしました」という挨拶ぐらいはすると思うんですよね・・・。
冒頭で洗濯機の前でつぐみが浴衣を脱ぎ、上半身裸になりながら、玄関を開けたのはなぜなのか分かりませんでした。分かる人がいたら、教えてください(笑)

349045_003.jpg  349045_013.jpg  349045_007.jpg

妻子持ちと不倫をし、傷つき、もう恋愛なんてしないという設定は多くのドラマや映画でありますが、祖母と特別な関係になっていた中年男性が祖母の葬儀に現れ、その孫をいきなり好きになってしまうという設定はいかにも少女コミックらしく、王道とも言えます。

ただ、つぐみの祖母と海江田が友達以上の関係だったということは、ストーリーの展開でだいたい分かりますが、回想シーンなども交えてもっと具体的に見たかったですね。

主題歌はJUJUの「Hold me,Hold you」でしたが、「曖昧なままで答えを出さずに生きてた ただ傷つけない 許されたい 冷たい過去が苦いけど」という歌詞がつぐみの心境とマッチしており、とても聞き応えのある曲でした!!

祖母の自宅の郵便受けの名字が海江田に変更され、晴天の空の下で、つぐみが背後からギュッと海江田を抱きしめて終わるという演出は、非常にすっきりしていました。
年齢の離れた男性と恋愛をした事があったり、年の差婚をした方なら、つぐみの気持ちに共感できるのではないでしょうか。

【最後に余談】
僕の同世代の女性は、大半が既に結婚しているため、僕がこれから結婚するとしたら、昭和生まれ(今年2015年で27歳以上)ではなく、少し年の離れた平成生まれになりそうですが、いざという時に海江田のような頼りになる男でいたいですね(笑)

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
玄関について
映画館においてあったお試しコミックスで読みましたが、あそこは葬儀も終わり風呂に入るのも面倒な主人公がタオルでゴシゴシ身体を拭くシーンです。マンガではドアを開ける描写はないのですが、田舎で人気がなく、季節は夏だったので単に蒸し暑くて開けたのではないでしょうか?

まことの母親は、それくらい普通じゃなかったという事かもしれません。
Posted by ふじき78 at 2015年03月12日 09:39
☆ふしぎ78さん☆

コメントありがとうございます。
>田舎で人気がなく、季節は夏だったので単に蒸し暑くて開けたのではないでしょうか?

あっ、そんなもので、特に大きな意味はなかったんですね(^_^;)

>まことの母親は、それくらい普通じゃなかったという事かもしれません。

まあ、まことが丸を書いた葉書には、母親のお礼のような言葉が書かれてたような気がしたので、帰郷後に改心したのかもしれませんね。
Posted by ミスターシネマ at 2015年03月13日 03:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414730542

この記事へのトラックバック

映画『娚の一生』★古い一軒家で紡がれる男女の情愛がイイ☆
Excerpt:     作品について http://cinema.pia.co.jp/title/165170/ ↑あらすじ..
Weblog: **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
Tracked: 2015-03-06 13:01

娚の一生
Excerpt: 都会での仕事と恋に疲れ田舎の祖母の家に身を寄せていた堂園つぐみ。 ところが祖母の死後、祖母から鍵を預かっていたという中年男・海江田醇(じゅん)が、勝手に離れに住み始める。 祖母の教え子で大学教授だとい..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-03-06 23:11

「娚の一生」:不思議とスッキリサッパリ
Excerpt: 映画『娚の一生』と書くときには、「めおと」で返還すると出てくるのですね。なるほど
Weblog: 大江戸時夫の東京温度
Tracked: 2015-03-06 23:22

娚の一生
Excerpt: 2015年2月17日(火) 20:50〜 109シネマズ川崎4 料金:1100円(TOHOシネマズデイ) 豊川悦司に殴られるためだけでに出て来た男。失神の上、眼窩底骨折。被害届だしてもいい。 『..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2015-03-08 22:04

娚の一生
Excerpt:  『娚の一生』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)TVドラマ『Nのために』で好演していた榮倉奈々(注1)と、『今度は愛妻家』(2010年)が印象的な豊川悦司(注2)とが出演するというので映画館に行っ..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2015-03-13 05:54

『娚の一生』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「娚の一生」□監督 廣木隆一□脚本 斉藤ひろし□原作 西 炯子□キャスト 榮倉奈々、豊川悦司、向井 理、安藤サクラ、前野朋哉、        落合モトキ、根岸季衣、濱..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2015-03-13 07:41

娚の一生
Excerpt: 監督:廣木隆一 出演:榮倉奈々、豊川悦司、向井理、安藤サクラ、前野朋哉、落合モトキ、根岸季衣、濱田マリ、徳井優、木野花、美波、岩佐真悠子 【解説】 「月刊フラワーズ」掲載の西炯子のベストセラーコミッ..
Weblog: タケヤと愉快な仲間達
Tracked: 2015-03-13 08:07

娚の一生 ★★★★
Excerpt: 「月刊フラワーズ」掲載の西炯子のベストセラーコミックを実写映画化した大人のラブストーリー。過去を引きずり幸せをつかめずにいるキャリアウーマンと、恋愛を拒んできた50代の大学教授が出会い、奇妙な共同生活..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-03-13 11:59

娚の一生
Excerpt: 西炯子著の同名コミックを榮倉奈々&豊川悦司主演で映画化したラブストーリーです。 予告編を観て、この二人がどんな恋愛模様を見せてくれるのだろうと気になっていました。 原作未読のままチャレンジした物語は、..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2015-03-15 13:18

娚の一生
Excerpt: 余韻がとてもコミック・ティストだなぁ、と思ってたら、やはり原作は、西炯子のベストセラーコミック、だったのですね。 「足キス」という、センセーショナルな表現で話題が先行した感ですが、トヨエツが演じ..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-05-18 14:07