Sex and the City 2


[SEX AND THE CITY] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

セックス・アンド・ザ・シティ2 オリジナル・サウンドトラック

おみくじ評価:

2010年42本目(40作品)です。

【あらすじ】
晴れて結ばれたミスター・ビッグ(クリス・ノース)と2年目の結婚記念日を迎えたキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)。
理想の結婚を求めるシャーロット(クリスティン・デイビス)は、2度目の結婚にして悲願の妊娠・出産。
弁護士のミランダ(シンシア・ニクソン)は育児と仕事でパニック、セックスレスの夫に浮気されて激怒するも、愛の力で復縁。
PR会社社長のサマンサ(キム・キャトラル)は、自由奔放な恋愛を諦めきれず、年下の恋人と前向きな別離を選択。
あれから2年。4人とも一見幸せそうに見えるが、実はそれぞれの生活に不穏な空気が…。
そんな暗雲を吹き飛ばすべく、彼女たちはアブダビへの超ゴージャス旅行に出発するも、その旅先で、キャリーはかつての恋人エイダン(ジョン・コーベット)と思い掛けない再会を果たすのでした。

1.jpg  2.jpg  3.jpg

【レビュー】
このシリーズを見ると必ず思うのは、

何だかんだで女もエロいんだな…

ということですね。

この作品は見る人によって評価がはっきり分かれる内容になっています。
出演者は中年ですが、女性同士で飲み会を行ういわゆる「女子会」で出てくるような隠語隠語のオンパレードで、男性の僕ですら、あっけにとられてしまったほどです。
前作はPG-12で、この作品はR-15指定でしたが、前作ほど性描写もなく、子供に悪影響を及ぼすようなシーンはなかったので、個人的にはPG-12でも問題なかったように思えました。

飛行機は個室つきのファーストクラスだったり、滞在先のホテルには執事が一人一人についているなど、リーマン・ショックなんてどこ吹く風とゴージャスなバカンス…。
一度でいいから僕もアブダビに行ってこうした旅行をしてみたいものです(笑)

4.jpg  5.jpg  6.jpg

ゴージャスのスケールさは前作以上でも、物語に新鮮味が感じられず、NYの場面が少なすぎるのはマイナスだったもの、4人の友情や結束力はいつにも増して固かったように感じ、中年になっても悩み事を解決しあったり、わいわい楽しんでいる姿にうらやましくもありました。

サマンサの下ネタも相変わらずで、下半身ネタや年齢ネタなど、イスラム教の戒律も何のそのと、繰り広げる弾けっぷりには、下ネタが苦手な僕でも大笑いしてしまうほど、切れ味がありましたね(笑)。とても僕の母よりも年上とは思えませんね。
また、僕の大好きなハリウッド女優の一人であるペネロペ・クルスのカメオ出演はうれしかったんですが、もうちょっと出番を多くしてほしかったです…。

パート2は今ひとつでしたが、ぜひパート3,4も作ってほしいですね。

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153410134

この記事へのトラックバック