おとうと


[吉永小百合] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

ノベライズ おとうと

おみくじ評価:中吉

2010年9本目です。

【あらすじ】
都内で小さな薬局を営む吟子(吉永小百合)は、一人娘の小春(蒼井優)と姑の絹代(加藤治子)と3人暮らし。
医師との結婚が決まっていた小春(蒼井優)の挙式当日、それまで音信不通だった弟の鉄郎(笑福亭鶴瓶)が突然姿を現し、式に出席したいと熱望。
以前、吟子の夫の十三回忌で酔っぱらい、大暴れした経験がある鉄郎は、絶対にお酒を飲まないと約束したにもかかわらず、またしても酔いつぶれ、披露宴を台無しにして大騒ぎ。
身内が激怒をする中、吟子は鉄郎をその時はかばったものの、数日後、鉄郎に貸した借金を返してほしいと女が訪れ、そのことがきっかけで、吟子は我慢の限界に達し、鉄郎に絶縁を言い放つのでした。

01.jpg  02.jpg  03.jpg

【レビュー】
「男はつらいよ」と比較をしたり、吉永小百合の演技を過去の出演作品と比較している方もいますが、山田洋次監督の作品と吉永小百合出演の作品を初めて見る僕にとっては、何の先入観もなく、楽しめました。

だらしのない弟を演じた鶴瓶師匠は、落語家ということもあり、披露宴でのマイクパフォーマンスとも取れるスピーチは、寄席を聞いているような気分でした。
また、酒癖の悪い演技に関しても、数年前に「FNS27時間テレビ」で下半身を露出して問題になった経緯もあってか、普段の師匠を見ているようでした。
それゆえ、違和感なく見られましたし、大いに笑えましたね。

長男・小林念侍、長女・吉永小百合、次男・笑福亭鶴瓶という設定は、どうも兄弟と感じがしないため、どうしても違和感がぬぐえないキャスティングになっていますが、さすがはベテランということもあり、どの方も不満を持つことのない演技をしてくれました。
また、「絶対、髪の毛に関するネタが出てくるぞ」と分かっていながらも、笹野高史のコミカルな演技は笑えますし、末期がんになった鉄郎の看病をするホスピス職員の小日向文世など、脇役の味のある演技が見られるのもこの作品の特徴と言えます。

04.jpg  05.jpg  06.jpg

一方、蒼井優や加瀬亮などの若手の演技も良く、小春の幼馴染みで、のちに小春の再婚相手となる長田亨役の加瀬亮は、存在感こそ過去の出演作品に比べると小さいものの、影で小春を応援する姿が印象的でした。
まあ、小春が医師との離婚があっけなく成立した際は、「この二人は再婚するな」と、今後の展開が予想できましたが(笑)
蒼井優に関しては、舌を出す姿が「フラガール」の紀美子の時のようで、とても可愛らしかったですね。

この作品は、主に兄弟との絆がどういうものなのかを重点において、ストーリーが展開していきます。
鉄郎が醜態をさらし、他の身内からどんなあきれても、かばい続け、行方不明になれば捜索願を出し、残りの命が短い弟に寝る間も惜しんで看病をする吟子を見ていると、お人好しにも感じますが、
やはり、家族との血のつながりや兄弟の縁というのが簡単に切れるものではないということがわかります。

物語は淡々と進行していき、現代の設定なのに、ところどころに昔ながらのセリフや演出などで「昭和」の匂いがするものの、笑いあり涙あり、家族の大切さや兄弟の絆が描かれており、心温まる内容になっています。

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画感想『おとうと』 悪くはないけど
Excerpt: 内容その日は、高野吟子(吉永小百合)にとって特別な幸せの日のハズであった。夫が亡くなり、“高野薬局”を経営し、必死になり育ててきた娘・小春(蒼井優)の結婚式。が。。その式場で、事件が発生する。夫の13..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2010-02-08 17:53

『おとうと』
Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「おとうと」□監督・脚本 山田洋次 □脚本 平松恵美子 □キャスト 吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井 優、加瀬 亮、小林稔侍、       加藤治子、笹野高史..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2010-02-08 17:59

「おとうと」
Excerpt:                                    「おとうと」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・山田洋二 観終わったこの感じを、何といって表現したらよいのだろうか・・。 テ..
Weblog: ひきばっちの映画でどうだ!!
Tracked: 2010-02-08 18:09

おとうと
Excerpt: ☆おとうと☆(2009)山田洋次監督・・・ 「男はつらいよ」シリーズ「たそがれ清兵衛」吉永小百合笑福亭鶴瓶蒼井優加瀬亮小林稔侍森本レオ笹野高史加藤治子ストーリー 東京で薬局を営む高野吟子は、夫を早くに..
Weblog: ぷち てんてん
Tracked: 2010-02-08 18:51

おとうと
Excerpt: 《おとうと》 2009年 日本映画 親戚中から鼻つまみ者の高野 吟子のおとうと鉄
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2010-02-08 19:07

*おとうと*
Excerpt: {{{   ***STORY***   2010年  日本 早くに夫を亡くした吟子は、東京の私鉄沿線の一角で、小さな薬局を女手一つで切り盛りしながら娘の小春を育て、義母の絹代と3人で暮らしていた。小..
Weblog: Cartouche
Tracked: 2010-02-08 20:08

「おとうと」  50年の時を経て蘇った、市川崑に捧ぐ1本。 邦画の力を痛感・・・・・
Excerpt: 市川崑監督作品「おとうと」に捧ぐ・・・・・。
Weblog: 取手物語〜取手より愛をこめて
Tracked: 2010-02-08 20:19

『おとうと』 ('10初鑑賞15・劇場)
Excerpt: ☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 2月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:30の回を鑑賞。
Weblog: みはいる・BのB
Tracked: 2010-02-08 21:42

おとうと
Excerpt: 山田洋次監督にとって10年ぶりの現代劇。戦後の昭和に生まれ育った姉と弟の切ろうにも切れない絆と、バブル景気の直前に生まれたひとり娘の結婚を通して、現在とこれからの日本の家族、私たちの姿をスクリーンに..
Weblog: シネマDVD・映画情報館
Tracked: 2010-02-08 22:05

「おとうと」ダメな弟でも最期まで心配し続けた確り者の姉と家族の絆
Excerpt: 「おとうと」はぐ〜たらだめ弟を持つ確り者の姉の娘が結婚する事になり、その席にぐ〜たら弟も出席するが、結婚式を台無しにし、兄弟からも縁を切られ、娘も環境の違いなどで離婚してしまい家族崩壊寸前となるが、そ..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2010-02-08 22:49

『おとうと』が最後に行くところ
Excerpt:  【ネタバレ注意】  予告編やチラシを見て、てっきり姉弟や家族の物語だと思ってしまった。  なにしろ公式サイトの「山田洋次監督から...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2010-02-09 01:07

おとうと
Excerpt: 東京・私鉄沿線の商店街で薬局を営む吟子は、夫を早くに亡くし女手ひとつで娘・小春を育てながら義母と3人で暮らしていた。 小春とエリート医師との結婚式当日、音信不通だった弟・鉄郎がやってきた。 酒癖の悪い..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2010-02-09 02:52

おとうと
Excerpt: 早くに夫を亡くした吟子は、東京の私鉄沿線の一角で、小さな薬局を女手一つで切り盛りしながら娘の小春を育て、義母の絹代と3人で暮らしていた。小春とエリート医師の結婚が決まり、一家は幸せの絶頂にあった。そし..
Weblog: 映画道
Tracked: 2010-02-09 08:15

「おとうと」
Excerpt: (2009年:松竹/監督:山田 洋次) 「母べえ」に続く、山田洋次監督、吉永小百合・笑福亭鶴瓶主演のトリオによる、市川崑監督の名作「おとうと」(60)にオマージュを捧げたホームドラマの秀作。 東京郊外..
Weblog: お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法
Tracked: 2010-02-09 12:39

映画「おとうと」@よみうりホール
Excerpt:  客入りは8〜9割くらい、作品柄か年配のお客さんが多い。    映画の話 夫を亡くした吟子(吉永小百合)は、東京のある商店街にある薬局を女手一つで切り盛りしながら娘の小春(蒼井優)を育て、義母の絹代(..
Weblog: masalaの辛口映画館
Tracked: 2010-02-09 13:23

おとうと
Excerpt: 『家族』、『幸福の黄色いハンカチ』、『息子』、『学校』シリーズ、そして『男はつらいよ』シリーズで、日本の家族を描き続けてきた山田洋次監督。本作は、東京で堅実に生きてきた...
Weblog: やっぱり邦画好き…
Tracked: 2010-02-12 09:36

おとうと  2回目だけどまた号泣
Excerpt: <<ストーリー>>早くに夫を亡くした吟子は、東京の私鉄沿線の一角で、小さな薬局を女手一つで切り盛りしながら娘の小春を育て、義母の絹...
Weblog: ゴリラも寄り道
Tracked: 2010-02-13 00:52

おとうと
Excerpt:  『おとうと』を渋谷シネパレスで見ました。  このところDVDは別として、映画館では吉永小百合の映画を敬遠していたのですが、山田洋次監督久々の現代劇であり、そろそろ見頃ではないか、それに私が丁度弟の..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2010-02-13 05:58

おとうと
Excerpt: 市川監督の作品を知らないけど、本作はしっかり者の姉と厄介者の弟という設定になっている。最初のうちは笑わせておいて、最後の方にじっくりと泣かせる演出は名人技というほかない。現代の貧困と、家族の結びつきの..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2010-02-16 23:29

おとうと (2010)
Excerpt: <シネプレックス小倉>  −最後まで筋をなぞりながら書いてあります−  笑福亭鶴瓶演じる鉄郎は、流れ
Weblog: 活動写真放浪家人生
Tracked: 2010-03-22 03:36

おとうと
Excerpt: 製作年:2009年 製作国:日本 監 督:山田洋次 逝去され
Weblog: いつか深夜特急に乗って
Tracked: 2010-03-22 20:00

『おとうと』'10・日
Excerpt: あらすじ姉・吟子の一人娘の小春の結婚式に、音信不通だった厄介者の弟・鉄郎が突然現れ・・・。感想山田洋次監督が『十五才学校IV』以来10年ぶりに現代劇を撮ったど〜弟はつらい...
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
Tracked: 2011-01-12 22:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。