HACHI 約束の犬


[HACHI 約束の犬] ブログ村キーワード

HACHI 約束の犬 [DVD]

評価:7.5/10点満点

2009年72本目(67作品)です。

【あらすじ】
小学校のクラスで「自分の尊敬するヒーロー」というテーマの授業で、パーカー(リチャード・ギア)の孫が、尊敬するヒーローにハチ公を選び、クラスメイトにハチについて語りだすシーンから物語は始まります。

ベッドリッジ駅で冬の夜に、迷子になった秋田犬を保護した大学教授のパーカー・ウィルソン(リチャード・ギア)。
妻のケイト(ジョーン・アレン)の反対を押し切って子犬を飼うことを決めたパーカーは、首輪に刻まれていた漢字から、「ハチ」と名づけ、ハチはパーカーの愛情を受けてすくすくと成長。

朝は駅までパーカーを見送りに行き、毎日夕方5時に駅前でパーカーの帰りを待つようになるものの、ある日、パーカーは大学の講義中に倒発作を起こして急死。
それでもハチは、大雨が降っても雪が降ってもパーカーの帰りを駅でずっと待っているのでした。


【レビュー】
評価以前に思ったことがあります。
この作品の字幕版は神奈川県ではわずか3館しかなく、一番近くてもWMC港北ニュータウンでした。
東京23区以外で調べてもわずか3館しかなく、自転車で30分ほどで行ける109シネマズのグランベリーモールで上映されてたから良かったものの、字幕版のあまりの少なさには驚きました。

洋画で子供も観る作品では、字幕と吹替が同時に上映されているのに、この作品に関しては字幕上映がビックリするくらい少ないのはなぜなのでしょうか?
事情が分かる方はぜひ教えてください!!

さて、評価に参りますが、良い話ではあるものの、上映時間が短いせいか、感動や感情移入がいまひとつ伝わってきませんでした。
確かに、ハチの演技は人間が入ってるんじゃないかと思うくらいの名演技で素晴らしかったですし、白黒映像などを使い、ハチの視点から物語を展開させる手法は新鮮味があって良かったと思います。

ただ、パーカーが亡くなった後は急ぎ足でストーリーが展開した印象を持ちました。
僕としては、パーカーの葬儀や妻のケイトがハチに「ご主人様は亡くなった」などと、声をかけるシーンがあっても良かったと思います。


そもそも、パーカーが亡くなってからが本作のメインなのに、前触れもなく、教授が急死するという展開はあまりにも唐突で、強引にも見えました。
それでも、パーカーとハチの飼い主とペットの関係を超えた姿は、まるで年の離れた友達のようでした。
雨が降ろうが、雪が降ろうが、パーカーの帰りを駅前で待つハチの姿はいたたまれなくなります。
とりわけ、一緒にメジャーリーグの試合を見るシーンは印象的でした。

リチャード・ギアの「犬が大好きだ」と、セリフを喋らなくても伝わる演技は素晴らしく、同僚のケンを演じたケイリー・ヒロユキ・タガワも秋田犬の特徴をパーカーに詳しく話すなど、とても良い味を出していました。

起承転結もしっかりしていて、とても良い作品ではあるのですが、コンパクトにまとめすぎた感が否めませんでした。もっと上映時間を長くして、見たかったというのが率直な感想です。

最後に、ひとつ確実に言えるのは、

吹き替えではなく、字幕版で見て良かった

ということですね!

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。