さらば あぶない刑事


[あぶない刑事] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

『さらば あぶない刑事』オリジナル・サウンドトラック

おみくじ評価:中吉

2016年5本目です。

【あらすじ】

定年退職を5日後に控え横浜港署のダンディー鷹山(舘ひろし)とセクシー大下(柴田恭兵)は、独断で横浜のブラックマーケットを襲撃するも、ターゲットの確保に失敗。
数日後、そのブラックマーケットを仕切っていた暴力団幹部の遺体が発見され、横浜の犯罪勢力図が塗り替えられようとしていることに気付いたタカとユージは、後輩で上司でもある透(仲村トオル)の心配にも目を向けず、独自で捜査を開始。
すると、2人の前に中南米マフィアのキョウイチ・ガルシア(吉川晃司)という男の存在が浮かび上がるのでした。

【レビュー】
1986年のドラマの放送時は幼少期だったので覚えていませんが、ドラマの再放送やその後に上映された映画版が面白かったので、鑑賞してきました。

夜でもサングラスをかけて被疑者を追跡したり、ヘルメットをかぶらずにハーレーを運転するなど、こんな警察いるわけないんですが、その非常識さと銃撃シーンが非常にインパクトがあり、見ごたえのある作品でした。
また、TBSドラマの「下町ロケット」で大企業の部長を好演していた吉川晃司も50代とは思えない体格にシンバルキックを彷彿させるアクションも見ものでした。

123.jpg  456.jpg  789.jpg

あぶない刑事といえば、薫の(浅野温子)のコスプレも名物ですが、30年経ってもそれは健在で、舞妓の衣装や、きゃりーぱみゅぱみゅかと思わせるロリータファッションは痛々しく思いつつ、薫らしいなと爆笑させていただきました。

相変わらずタカとユージから上司扱いしてもらえない透、元署長で2人の良き理解者で、NPO法人「横浜港を守る会」の会長の松村(木の実ナナ)、定年退職後は飲食店を営んでいる、落としのナカさん(ベンガル)、パパさん(山西道広さん)など、少しでもあぶ刑事シリーズを見たことのある人なら懐かしく思える人物が、少ない出番ながら味を出していて物語を盛り立ててくれたのもこの作品の特徴です。

基本的にあぶない刑事は突っ込みどころ満載で、突っ込んじゃいけないのも分かってるんですが、最後の最後でおいおいと突っ込んでしまう内容になってしまいます。

見事に定年退職をしてその後は2人でニュージーランドで探偵事務所を開設し、薫に追いかけられて終わるという結末でしたが、最後は大ケガをして入院先の病院でエンディングを迎えると勝手に予想していたので、ちょっと腑に落ちませんでした(笑)

【最後に余談】
実年齢27歳の菜々緒(役名・夏海)と65歳の舘ひろしが恋人役っていうのも違和感がありましたが、夏海が殺されて、タカがわーわー泣くシーンを見たのは初めてだったかもしれません。ただ、泣き方がイマイチでしたね(笑)

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

ザ・ウォーク


[ザ・ウォーク] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

【映画パンフレット】 ザ・ウォーク   監督 ロバート・ゼメキス キャスト ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デール

おみくじ評価:大吉

2016年4本目です。

【あらすじ】
パリの路上でジャグリングや綱渡りを披露し人気の大道芸人になっていたフィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、ニューヨークに完成する高層ビル、ワールドトレードセンターの記事を見つけ、この2つのビルの間にワイヤーをかけて渡ることを決心。
フィリップは成功させるために、恋人のアニー(シャルロット・ルボン)や、師匠のパパ・ルディ(ベン・キングズレー)たちから情報を集め、渡米のために英語の練習を始め、夢のために奔走するのでした。

【レビュー】

こんなにハラハラドキドキしたのは久しぶりだ・・・。

見終わった後にそう思ってしまうほど緊張感の連続と、見終わった後の脱力感が半端じゃなかったです・・・。
「手に汗を握る」という慣用句はよく耳にしますが、実際に映画を見て手のひらに汗をかいたのは初めてでした。

見る前は「随分と非常識なことを考えた人だなぁ」とか「何であんな無謀な事をするのか」と考えてました。
劇中ではその点にはあまり触れられませんでしたが、ああいう無茶なことする事でフィリップは初めて「自分が生きている」ことを実感できる人間なんだなと感じました。
スカイツリーの天望回廊の窓から見ただけでもゾッとする僕なので、そういう発想も出てきませんね(笑)

2234.jpg  3234.jpg  5234.jpg

ワイヤー張りのシーンでフィリップが屋上の先端を動き回る場面だけでも股間がそわそわしましたが、綱渡りをするシーンを3Dで見ると、まるで自分が実行しているようで1往復するだけでもかなり緊迫感がありました。

これも実話なのか分かりませんが、片道を渡るだけでも大変なのに、途中で警官が来てからは捕まるまいと言わんばかりに綱の間を行ったり来たり、ビルとの中間点で寝そべったり、ひざまずくシーンは思わず目を覆いたくなるほどでした。

綱渡りのシーンも圧巻なんですが、企画を成功させるために、ワールドトレードセンターを入念に下見でしたり、現場スタッフと協力したり、綱の長さやビルの高さの計算など、もうこれでもかというほど行うシュミレーションは、スパイ映画のようで、そういう準備シーンもこの作品の面白さともいえます。

少女マンガの実写版では胸キュンする展開が多いですが、この作品ではお尻の穴がキュンとするくらい緊迫感の連続でしたね(笑)

【最後に余談】
主人公を演じたジョセフ・ゴードン=レヴィットは、井浦新とディーン・フジオカを足して2で割った感じの顔に見えたのは僕だけですかね???

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン