イントゥ・ザ・ウッズ 字幕版


[イントゥ・ザ・ウッズ] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
blogram投票ボタン

イントゥ・ザ・ウッズ オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (CD2枚組)

おみくじ評価:

2015年11本目です。

【あらすじ】
子供がなかなかできずに悩んでいたパン屋夫婦(ジェームズ・コーデン、エミリー・ブラント)のもとに謎の魔女(メリル・ストリープ)が出現。
子供ができないのは自分が呪いをかけているからだと説明する魔女は、指定した4つのアイテムを3日以内に見つければ呪いを解くと約束。
パン屋の夫婦は子どもを授かりたいという一心で、魔女の要求に応えるべく森に足を踏み入れてアイテムを探すものの、そこにはあらゆる困難が待ち構えていたのでした。

【レビュー】
原作未読で、おとぎ話もうろ覚えの状態で見ましたが、「8時だよ、全員集合」のディズニー版といえばわかりやすいでしょうか(笑)
赤ずきん、シンデレラ、ラプンツェル、ジャックと豆の木と、誰もが知っているおとぎ話がコラボした作品になっているので、興味がありましたが、プロスポーツのチームが有名な選手をあちこちから補強してもなかなか勝てない時があるように、どんな名作を合わせても面白くなるとは限らないんだなと実感しました。

350605_001.jpg  350605_002.jpg  into-the-woods-first-photos_01.jpg

<良かった点>
魔女の呪いを解きたければ、「ミルクのように白い牛」(ジャックと豆の木)、「血のように赤いずきん」(赤ずきん)、「トウモロコシのように黄色い髪」(ラプンツェル)、「金色に輝く靴」(シンデレラ)を3日間で探さなければならず、パン屋夫妻の話を中心に各おとぎ話の主人公達が森林内でストーリーを展開させる内容になっており、本当に見つけられるのかな、見つけても本当に子供ができるのかな?と期待しながら、最初は鑑賞できました。

台詞のほとんどが歌になっているので、リズム・テンポよく映画を見られましたし、ミュージカル映画ということで、各出演者の歌唱力は抜群でした。
とりわけ、赤ずきん役のリラ・クロフォードの歌声はとてもチャーミングで、聞き応えがありました。

<疑問点>
森林を舞台に、色んな童話の主人公とストーリーを結びつけるという発想は斬新でいいと思いますが、いかんせん、足場の悪い森林の中なので、踊りがほとんどなかったのは残念でした。
確かに、歌は聞き応えがあるのですが、「ハイスクール・ミュージカル」や「マンマミーア!」のような、おー!!!と思わせるほどではありませんでした。

狼役のジョニー・デップがあたかも主要キャストのように宣伝していますが、彼の登場は赤ずきんのくだりのほんの数分と、友情出演のような扱いだったので、ジョニデ目当ての人には物足りなさ拍子抜けする人もいるかもしれません。正直、狼役は誰でも良かったのではないでしょうか?

2015031621331387c.jpg  mobile_into-the-woods-photos_08.jpg  into-the-woods-photos_01.jpg

パン屋夫婦はシンデレラ、赤ずきん、ジャックと豆の木、ラプンツェルとそれぞれ出会い、牛が途中で死んだり、森で遭難しそうになったりと、紆余曲折しながらも見事に4つのアイテムを獲得しましたが、パン屋の妻が一瞬にして妊娠6ヶ月くらいの体型になったり、牛がシンデレラの靴をいとも簡単に食べたときには思わず失笑してしまいました。

また、自分はアイテムに触れられないからアイテム探しを手伝えないと言いながらも、ラプンツェルの長髪をロープ代わりにして帰宅している姿を見てると、本当は触れるのでは??と思いましたが、ラプンツェルの髪ではアイテムとして反応せず、トウモロコシのヒゲで呪いが解けたということは、もともとラプンツェルの髪はアイテムの対象外だったということでしょうか?

僕にとってミュージカルというのは、方程式にするとしたら「歌×踊り=ミュージカル」だと思っているので、どちらか数値がゼロに近いと、その分、映画のスケールや魅力が下がると思うんですよね。

ディズニーのキャラクターが好きという方なら、そこそこ楽しめるかもしれませんが、僕のようにミュージカル映画目当てで鑑賞しようと考えている方には、物足りない内容でした。

色んな話を詰め込みすぎた感は否めませんが、僕はミュージカル映画が好きなので、もっと踊りのシーンを盛り込めていれば、中吉の評価になっていたかもしれませんね。

【最後に余談】
実は、アナ・ケンドリックを目当てで鑑賞した部分もあります(笑)
トワイライト・シリーズでは「チョイ役」だった彼女ですが、この作品では歌唱力と演技力がたくさん見れて嬉しかったです(笑)

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

週末興行成績ランキング(3/21-22)


[映画興行ランキング] ブログ村キーワード

blogram投票ボタン

1位(初)
映画 暗殺教室
2位(1)
映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)
3位(初)
ナイト ミュージアム エジプト王の秘密


4位(2)
イントゥ・ザ・ウッズ
5位(3)
ストロボ・エッジ
6位(初)
スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号
7位(5)
風に立つライオン
8位(4)
映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪
9位(6)
アメリカン・スナイパー
10位(7)
ソロモンの偽証 前篇・事件

※カッコ内は前週の順位。
(初)は初登場の作品です。

「映画 暗殺教室」が、2週連続1位だった「映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)」を押しのけ、初登場1位を獲得しました。
オープニング2日間で動員35万0900人、興行収入4億1078万8100円を記録する好スタートを切り、30億円が狙える出足となっています。

「映画ドラえもん」は公開16日間で興行収入17億円を突破し、「イントゥ・ザ・ウッズ」も4位に順位を下げたものの、公開9日間で興行収入11億円を突破し、昨年大ヒットした「アナと雪の女王」や「マレフィセント」で築いたディズニーブランドの強さを、今年も「ベイマックス」に続いて発揮しています。

新作では「ナイト ミュージアム エジプト王の秘密」が、オープニング2日間で動員20万2685人、興行収入2億6077万0900円の成績で初登場3位にランクインしました。

今週末には、「ジュピター」や、橋本愛主演の「リトル・フォレスト 冬・春」などが公開されますが、次週はどの作品が1位になるのでしょうか?

全国週末興行成績 3月21日〜22日
(全国動員集計) 興行通信社提供

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

ストロボ・エッジ


[ストロボ・エッジ] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

ストロボ・エッジ DVD 豪華版

おみくじ評価:中吉

2015年10本目です。

【あらすじ】
帰宅途中の電車の中で、ひょんなことから学校内の人気者の一ノ瀬蓮(福士蒼汰)と知り合いになり、会話を交わすようになった木下仁菜子(有村架純)は、蓮の優しさや笑顔に惹かれていき、好きだという自分の思いを告白。
蓮は年上の彼女の麻由香(佐藤ありさ)がいるため、その時は仁菜子の告白を断るも、彼女の真っすぐな感情に触れ、次第に気持ちに変化が生じていくのでした。

【レビュー】
原作を読んでいないため、先入観なく鑑賞できました。

初めて好きになった人が、蓮くんでよかった・・・。
誰かが自分のためにしてくれた事は、どんな物でもどんな事でも嬉しい。


こんなことを率直に言える純粋で優しい女子がいたらいいなあ・・・

そう思いながら、終始見ていました。

350636_004.jpg  350636_012.jpg  350636_008.jpg

<良かった点>
彼女持ちの男子にした告白が失敗。

その男子は彼女と破局

他の男子に告白されるも断る。

片思いが両思いになってハッピーエンド・・・。


ざっくばらんにまとめると、こういう流れでしたが、起承転結がしっかりしており、少女コミックや携帯小説にありがちな理解不能な展開やモヤモヤ感はなく、安心して見ることができました。

遠足で行った鶴岡八幡宮の石段で転倒し、泥だらけになった仁菜子の洋服を一緒に洗おうと、蓮が背後からパーカーの袖をまくったり、彼女がいると分かっていながら、気持ちが抑えられずに仁菜子が連に告白するなど、女子中高生だけでなく、男性の僕も思わず赤面してしまうシーンが多かったことも、この作品の特徴と言えます。

わずかな可能性でも自分のことを好きになってくれるかもしれない、仮に自分を好きになってくれなくても、同じ空気を吸えるだけでも構わないという仁菜子の心理は、典型的な「恋する乙女」ですが、片思いを経験したことのある人なら、老若男女問わず、共感できるのではないでしょうか。

350636_011.jpg  350636_009.jpg  350636_014.jpg

<残念だった点>
各共演者のセリフが棒読みに聞こえることが多く感じたのは僕だけでしょうか。
例えば、父親が離婚したと、麻由香が悩みを打ち明ける場面でも「おれが支えるから」というセリフや、安堂が「蓮を思う気持ちなんか、おれが全部消してあげる。好きだよ」と仁菜子にいうセリフも、言葉だけを見れば素敵なんですが、それぞれたどたどしい口調に聞こえてしまいました。

また、花火大会で安堂が仁菜子を抱きしめた直後に花火が打ち上がるシーンがありましたが、その花火が半分しか画面に映っていなかったが残念でした。
2人に焦点を当てるのではなく、花火全体を映していれば、もっといいシーンになったのではないでしょうか。

この作品で、サッカーやバレーボールのように「マン・オブ・ザ・マッチ」を与えるしたら、間違いなく安堂(山田裕貴)ですね!!
一見、チャラそうな男でも、仁菜子のことを一途に思い続ける姿勢は本物なんですが、いかんせん、仁菜子は蓮を好きで、二人きりの教室で仁菜子に嫌われようといきなりキスをしたり、かっこつける姿は、同じ男として切ない気持ちになりました。

少女漫画は主に女性目線の物語が多いですが、この作品は男性目線でも十分に楽しめる内容になっていました。
演技のできる俳優陣であれば、大吉をあげても良いような内容だったと、個人的には思いました!!
修了式を来週に控え、学校も早く終わるので、彼氏や彼女を連れて一緒に見に行ってみるのはどうでしょう???

【最後に余談】
麻由香との砂浜デートで「風の匂いが夏らしくなってきたね」なんて、高校生が言いませんよね(笑)

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン