フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ


[フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ] ブログ村キーワード>

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ〔上〕

おみくじ評価:小吉

2015年5本目です。

【あらすじ】
恋愛未経験の大学生・アナスタシア(ダコタ・ジョンソン)は、ルームメイトの友達の代理として、学生新聞の取材をするため、27歳にして巨万の富を得た起業家・グレイ(ジェイミー・ドーナン)の会社を訪問。
何気ない取材ながらも「君のことを知りたい」とアナに興味を示し、次第に二人が親密になっていったある日、グレイの自宅に呼ばされたアナは衝撃的な光景を目の当たりにするのでした・・・。

【レビュー】
両腕を縛って行う緊縛プレイ、おしりを鞭で叩くスパンキング、目隠しプレイ・・・。


英国の50代の主婦が書いた官能小説が原作っていうことで、興味を持ってみましたが、その主婦はよほど欲求不満なんじゃないかと思うくらい過激なシーンでした・・・。
「僕は君を痛めつけたい。君も支配されたくなる」なんて、僕は絶対に言えません(笑)
セックスシーンがある作品はこれまでも何度か見ていますが、これだけ女性の裸体やぼかしを目にした作品は初めてで、R-15ではなく、R-18が適切かもしれません。

<良かった点>
・グレイは強引に契約をさせるのではなく、アナに契約書を事前を読ませ、何度も契約交渉を交えながら、納得したうえで合意を求めていたこと。
・「僕は恋愛はしない」と言いつつも、最後にエレベーターに乗るアナと寂しそう別れるグレイの姿を見ると「アナのことを心から好きになれたのでは?」とグレイに感情移入できたこと。

<残念だった点>
・肝心なセックスシーンの大半をぼかしで覆われるシーンがあったこと。
・4歳の時に亡くなった生みの母が薬物中毒の元売春婦だったことは分かっても、それがトラウマで人を愛せないというのは説得性に欠けたこと。

350309_004.jpg  350309_002.jpg  350309_007.jpg

作品にぼかしがあっても構いませんが、多いと興ざめちゃいますし、スクリーンの大半をブラックホールのようなぼかしで、身体が隠れるくら大きいものまでと拍子抜けしちゃいますね・・・。

ハリウッド俳優や海外の富裕層では、交際時や結婚する前に契約書を交わす事は珍しくないと、何度かテレビ番組で見たことがあるので、契約書にサインをしてから始まる関係には変に感じませんでした。
ただ、睡眠は必ず7時間以上取るべし、契約期間中は支配者(グレイ)が許可した服のみを着用するべし、フルーツ以外の間食はしてはならないなど、契約内容がきめ細かいうえ、SM道具が陳列された部屋を見れば、普通の女性は耐えられず、ドン引きして別れるかもしれません(笑)

それでも、恋愛経験がないアナにとっては、新鮮だったのでしょうか。
それとも、恋は盲目といいますが、好きになった人のことをもっと知りたいという感情が常識を上回ってしまったのでしょうかね・・・。

ジェイミー・ドーナンは、サディスティックな男の役をしっかり演じており、Sの人って、欲望のためなら手段を選ばないイメージですが、帰りたいと言えば家まで送り、契約内容の変更を要求されれば、改善するなど、誠意ある対応は評価できます。
ただ、なぜ6万人の社員を持つCEOになれたのか、また人を愛せない人間になったきっかけの説明がやや希薄だったのが残念でした・・・。

エレベーターの前でそれぞれがクリスチャン!アナスタシア!とお互いの名前を呼ぶエンディングに「えっ?これでおしまい?」と思ってましたが、原作は三部作なんですね。
日本で2作目3作目が公開されるかはわかりませんが、見ようかどうか迷ってしまいますね。

【最後に余談】
SMのシーンはあまりいい気分になれませんでしたが、ダコタ・ジョンソンの裸体はとてもキレイでした!
これは男性だけでなく、女性もうらやましいと思うのではないでしょうか(笑)

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

週末興行成績ランキング(2/21-22)


[映画興行ランキング] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

1位(初)
アメリカン・スナイパー
2位(1)
テラスハウス クロージング・ドア
3位(2)
ベイマックス


4位(3)
ミュータント・タートルズ
5位(9)
映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!
6位(4)
チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密
7位(6)
ANNIE アニー
8位(15)
Mr.Children REFLECTION
9位(7)
ジョーカー・ゲーム
10位(初)
きっと、星のせいじゃない。

※カッコ内は前週の順位。
(初)は初登場の作品です。

「アメリカン・スナイパー」が、全国333スクリーンで公開され、週末2日間で動員24万9321人、興収3億3239万6600円を記録しました。
この成績は今年公開された作品の中で最高のオープニング成績であり、実写の洋画が初登場1位を獲得するのは今年初で、最終興収で20億円超が見込める出足となりました。

前週は「ベイマックス」の7週連続1位を阻止し、初登場1位を獲得した「テラスハウス クロージング・ドア」は2位と踏ん張りを見せ、全国160スクリーンの公開規模ながら腰の強い興行を展開しています。

「ベイマックス」は公開10週目に入り、動員670万人、興収86億円を突破。
最終で90億円を超えることになれば、ディズニー配給作品では「モンスターズ・ユニバーシティ」を抜いて、「アナと雪の女王」「ファインディング・ニモ」「トイ・ストーリー3」「モンスターズ・インク」に次ぐ4番目の成績となります。
アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞し、同時上映の「愛犬とごちそう」も短編アニメーション賞を獲得したことが今後の興行に弾みをつけられるか注目です。

今週末には、ももいろクローバーZ主演の「幕が上がる」や、新垣結衣主演の「くちびるに歌を」などが公開されますが、次週はどの作品が1位になるのでしょうか?

全国週末興行成績 2月21日〜2月22日
(全国動員集計) 興行通信社提供

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン



マエストロ!


[マエストロ] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

マエストロ! オリジナル・サウンドトラック

おみくじ評価:

2015年4本目です。

【あらすじ】
所属先のオーケストラの解散により、職を失ったヴァイオリニストの香坂(松坂桃李)は中央交響楽団の再結成に伴い、かつてのメンバーと再会。
久々の音合わせがうまくいかず、不安を募らせる中、再結成を企画した謎の男・天道(西田敏行)が出現。
天道は自身のやり方に反発する楽団を一つにまとめ上げ、コンサートを大成功させるものの、その翌日、観客のいないコンサートホールで、彼は病気で入院している妻・ハルのため、演奏を行うのでした。

【レビュー】
率直な感想をいうと、

オーケストラの演奏は素晴らしい!!

でも、2曲だけじゃ物足りない・・・。


といったところでしょうか。

マエストロ1.jpg  マエストロ4.jpg  マエストロ5.jpg

<良かった点>
涙を流すほどではないものの、大スクリーンで聞く交響曲は圧巻で、各出演者も他のドラマや映画との兼ね合いがありながら、相当な練習を積んで撮影に挑んだというのがひしひしと伝わりました。
指揮者というのは、素人目線で言うと「ただ棒を振ってるだけ」に見えますが、野球やサッカーの監督のようなポジションで、監督が変わればチームの組織力や雰囲気が変わるように、指揮者の指示によってオケの演奏の一体感や調子も変わってくるんだなと思いました。

また、ベートーベンの「運命」は8分休符で始まり、実際は「ウン、ジャジャジャジャーン」で始まるという解説があるように、クラシックに詳しくない初心者でもわかりやすい説明や構成が盛り込まれていた点も良かったです。

<残念だった点>
天道は定食屋にいたあまねをスカウトしましたが、たくあんの噛み方で演奏の素質を見抜けるかは疑問です・・・。

オーケストラの演奏が良かっただけに、「運命」と「未完成」の2曲だけでなく、のだめカンタービレのように何曲も演奏を披露してほしかったです。

マエストロ6.jpg  マエストロ2.jpg  1マエストロ.jpg

演技初経験のmiwaは、マイペースキャラはピッタリだったものの、阪神大震災で両親を亡くした時の話を香坂に話すシリアスなシーンでは、セリフがたどたどしく聞こえてしまい、さらには神戸弁が余計に違和感を与えてしまったのが残念でした。

無理に神戸弁をしゃべらせるのではなく、標準語でセリフを話していたら、また違っていたかもしれません。フルート奏者としてはしっかりと演じ切っていましたが、もう少し演技の練習をした方がよかったですね。

僕はmiwaのファンクラブ会員でもあるので、橘あまね役のmiwa目当てで見ました。
昨年3月の「渋谷物語」というmiwaのライブで、この作品に出演するという告知をし、約11か月もの間、公開を楽しみに待っていましたが、少し期待しすぎたかもしれません・・・。

口は悪いけど「誰かと響き会えたら、 一生が永遠になんねん」と要所要所でいいことを言う指揮者役の西田敏行の熱演が見事だっただけに、もっとオケの演奏が聞きたかったことと、天道の借金問題があまり触れてなかったため、演奏以外のストーリーや展開にもクローズアップしてほしかったので、「吉」とさせていただきました。

【最後に余談】
miwaが定食屋で、口をもぐもぐしながら言う「ジャジャジャジャーン!」は、ファンにとってはドツボでした(笑)

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。