てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜


[てぃだかんかん] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~ [DVD]

おみくじ評価:中吉

2010年33本目(31作品)です。

【あらすじ】
本土で事業に失敗し、借金を抱えた金城健司(岡村隆史)は、幼なじみの由莉(松雪泰子)との結婚を決意し、沖縄に帰郷。
最初は母の花江(原田美枝子)に反対されるも、新しく始めた事業が成功し、晴れて由莉と結婚。
しかし、久しぶりに潜った海で、サンゴ礁が危機的な状況であることを目の当たりにした健司は、経営している店舗をすべて畳み、妻と2人の子供達に、きれいだったサンゴの海をまた見せてやりたいという強い思いから、自らの手でサンゴを養殖しようと決意。
専門知識や資金が無い中、健司はサンゴを海に移植するという世界でも前例の無い計画にチャレンジするのでした。

【レビュー】
世界で初めてサンゴの移植産卵に成功した金城浩二氏の実話に基づく物語です。
その金城浩二さんの人柄の良さにも感心させられましたが、ストーリーの内容とは別に、沖縄のきれいな海や沖縄のスローライフっぽい、のどか雰囲気にも魅了される作品でした。

僕は高校の修学旅行でしか沖縄には行ったことがありませんが、思わず、「そうだ、沖縄行こう」と口にしてしまうほど、沖縄の良さが伝わってきました(笑)

1.jpg  2.jpg  3.jpg

山あり谷ありで、苦境を乗り越えるサクセスストーリーの作品は良く目にしますが、健司のサンゴの養殖にかける熱意や、「沖縄の海を絶対に守りたい!」という願いが強く伝わってきました。

軌道に乗り出した事業を捨て、前例がなく、成功するかどうかも不透明なサンゴの移植に挑戦し、周囲の一部には無鉄砲な行動を冷やかされて、生活が苦しくなれば、普通は断念してしまうものですが、そんなことをものともせずに、「なんくるないさ〜」と果敢に行動する健司の姿は、沖縄っぽくもあり、男らしさも垣間見えました。

ただ、上手くまとまっている作品ではあるのですが、サンゴ礁とはどういうものなのか、サンゴ礁がなくなると、どういう悪影響を及ぼすのかを子供達にも、もっと分かりやすくナレーションなどで盛り込んでも良かったと思いましたね。

キャスティングに関しては、ガレッジセールや、ボクシングの具志堅用高など、沖縄出身の人を何人かキャストしても良かったのでは、と思うことがありましたが、どの出演者も非常にマッチしていました。
また、金城健司を演じたナインティナイン・岡村の笑いを一切排除した演技も素晴らしいのですが、どんなに苦しい状況下に置かれても、笑顔をふるまって健司を応援する妻の由莉や、その友人、組合長(國村隼)ら多くの人々が健司の夢を叶えてやろうと裏で支える姿も印象的でした。

4.jpg  5.jpg  6.jpg

個人的には、サンゴの移植を学者達に批判されて落胆する健司に、重要なアドバイスをする海洋研究者の緑川を演じた渡部篤郎が、過去の役でも見たことが無い、おどおどした演技は新鮮で、なかなか良い味を出していたと思います。

沖縄に住んでいるのに、松雪泰子が色白だったり、人をグーで殴るシーンがそれなりに目にするなど、違和感のぬぐえない箇所も少なからずありましたが、岡村の沖縄の方言に関しては、それほど違和感はありませんでした。
僕も沖縄出身の知り合いがいますが、その人ものんびりとした口調でしたからね(笑)

「てぃだかんかん」で涙そうそう(沖縄の方言で涙がこぼれ落ちる)とまではいきませんでしたが、とても緩やかな気持ちにしてくれる作品で、家族で一緒に沖縄に行きたくなるような内容になっています。

ゴールデンウィークということで、親子連れの映画が上映されていますが、この作品もぴったりと言えるのではないでしょうか。
また、沖縄に興味を持っていたり、いつか沖縄に行ってみたいという方には、良い「予習」になるかもしれませんね。

<最後に余談>
今年の沖縄県は、興南高校がセンバツで優勝したことや、米軍基地の移設問題など、良い意味でも悪い意味でも大きく注目されていますが、この作品をきっかけに、この30年間で9割が死滅しているというサンゴ礁の実態を現在以上に大きく取り上げられることを願っています。

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

週末興行成績ランキング(4/24-25)


[映画興行ランキング] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

1位(1)
アリス・イン・ワンダーランド
2位(2)
名探偵コナン 天空の難破船
3位(3)
のだめカンタービレ 最終楽章 後編


4位(初)
劇場版 銀魂 新訳紅桜篇
5位(初)
タイタンの戦い
6位(4)
映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁
7位(5)
シャッターアイランド
8位(初)
てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜
9位(6)
第9地区
10位(7)
ダーリンは外国人

※カッコ内は前週の順位。
(初)は初登場の作品です。

ジョニー・デップ主演の3D映画「アリス・イン・ワンダーランド」が2週連続で首位を獲得しました。
公開1週間で動員162万人、興行収入25億円を突破し、2週目の週末では動員64万人、興収10億を記録しました。
ゴールデンウィークに入る来週も多くの観客が見込まれ、公開3週間で動員450万人、興収70億円の突破は確実といえます。

新作は3作品がランクインし、4位の「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」は、全国90館と少なめにもかかわらず、初日2日間で動員16万人、興行収入約2億円と、稼働率では断トツの1位でした。

続く5位は「アバター」のサム・ワーシントン主演「タイタンの戦い」がランクインし、8位には「てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜」がそれぞれランクインしました。

ゴールデンウィークに入る今週は、「矢島美容室 THE MOVIE 夢をつかまネバダ」(29日)や、哀川翔主演の「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」などが上映されますが、
次週はどの作品が1位になるのでしょうか?

全国週末興行成績 4月24日〜4月25日
(全国動員集計) 興行通信社提供

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

シャッターアイランド(2回目)


[シャッターアイランド] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

シャッター アイランド  [DVD]

おみくじ評価:中吉

2010年32本目(30作品)です。

【あらすじ】
1954年。
精神を患った犯罪者の収容施設があるボストン沖の孤島、シャッター アイランド。
四方を海に囲まれた厳戒監視体制の施設にもかかわらず、一人の女性患者が謎のメッセージを残して失踪。
孤島で起きた不可解な事件の担当になった連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、捜査を重ねるたびに、この孤島の怪しさに気付き始めるのでした。

【レビュー】
予告通り、リベンジしてきました。
ちなみに、1回目と同じ字幕版で観賞しましたが、

率直な感想としては、

何も意識せずに観るのがベスト!

ということですね。

1.jpg  2.jpg  3.jpg

オープニングで「表情や目の動き、目線などに注意して見てください」というテロップが流れるだけに、変だなと思った行動を注視しがちになりましたが、それを意識しすぎると、頭が余計にこんがらがってしまい、全体的なストーリーが把握しづらくなってしまいました。

確かに、頭痛に悩んでいるテディを患者と一緒の病棟で寝かせたり、コーリー院長(ベン・キングズレー)が患者や職員の名簿の提供を拒むなど、怪しい行動は幾つか目にしますが、それに気づかなかったからといって、謎が解けるというわけではありませんでした。

1回目の上映では「どんな謎が隠されてるんだろう?」とハラハラしながら見ることができましたが、いざ2回見ると、「怪しいけど、別にこれらで答えがわかるわけじゃないよな」という考えになるので、怪しいと思ったシーンも特に意識することはありませんでした。

4.jpg  5.jpg  6.jpg

捜査を開始し、収容所の警備員や受刑者など、出てくる全員が怪しく感じてしまいますが、終盤になるにつれ、種明かしされていき、結局は全てテディの妄想の世界であることがわかるため、出演者の行動も「これはどういうことだ」と意識せず、ただ頭にインプットするだけで十分だと思います。

ディカプリオは、夢や幻想の世界にどっぷりとはまってしまい、そこから出られなくなってしまったヒステリックな役を見事に演じきっていました。
妻のドロレス(ミシェル・ウィリアムズ)が3人の子供を溺死させたことで、ひどいトラウマを抱え、その現実をなかなか受け入れられず、自分の妄想の世界を作ってしまったテディ…。精神的におかしくなるのも無理はないかなと、感情移入できました。

上記の点を踏まえると、個人的には、失踪した女性受刑者の謎解きよりも、むしろ、ディカプリオの演技を中心に見た方が楽しめると、2回目の鑑賞でも思いました。
2回目の鑑賞ではモヤモヤが全て消えたわけではありませんが、「そういうことか」と1回目の鑑賞以上にスッキリした気分で楽しめるのではないでしょうか。

これから見ようとお考えの方は、オープニングのテロップを意識しないで、なおかつ謎解きに重点を置くのではなく、頭をリラックスさせて観ることをオススメします!!

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。