BANDAGE バンデイジ


[BANDAGE バンデイジ] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

BANDAGE.jpg

おみくじ評価:小吉

2010年8本目です。

【あらすじ】
1990年代。
たくさんデビューしては消えていくバンドブームの中、家庭の事情で高校を中退する友達のミハル(杏)からLANDSというバンドのCDをもらったことをきっかけに、ファンになるアサコ(北乃きい)。
ライブのチケットを手にし、LANDSの楽屋に忍び込んだアサコは、メンバーたちと出会い、ボーカルのナツ(赤西仁)に徐々に気に入られ、次第にLANDSに深く関わっていき、やがてアサコはLANDSのマネージャーとしてバンドを支えていくのでした。

1.jpg  3.jpg  2.jpg

【レビュー】
赤西仁の演技は良く、意地っ張りでやや傲慢なチャラチャラしたキャラクターはピッタリだったと思いますし、アルミ役の柴本幸も「てめぇは甘いんだよ!」などと、普段からは想像もつかないような荒い口調を発した演技が新鮮だったので、キャスティング自体はよかったと思います。

ただ、音楽プロデューサーとして名を馳せている小林武史が、映画の監督ということで興味がありましたが、音楽の監督としては素晴らしいものの、カメラワークやシーンの移り変わりなどを見ていると、映画監督としてはいまひとつな印象を受けました。

確かに、音楽プロデューサーである小林武史だからこそ、描けたであろう音楽レコード業界のアーティスト発掘やビジネスの実態は現実的で、音楽の仕事とは無縁の僕にとっては、「やっぱり難しいんだね」と感慨深い気持ちになりました。

しかし、これをいうと、ファンの方から反感を買ってしまうかもしれませんが、この作品ではバンドの演奏が多くないうえ、ライブハウスの観客のエキストラにも「やらされてる感」が、見ている側からも伝わるほど覇気がなく、

さらに、致命的なのは、
KAT-TUNではそれほど感じない赤西仁の歌唱力不足が、この作品では如実に表れていることです…。

昨年10月公開の「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」では、肩を動かしたり、足でリズムを踏むなど、ノリノリになってライブ感覚で楽しめましたが、この作品のライブのシーンに関しては、とてもリズムには乗れませんでした。
終盤に高校時代の友達だったミハルが「ハッピーズ」というグループ名でライブ演奏を披露しますが、そっちの方が聞き応えがありましたね(笑)

4.jpg  6.jpg  5.jpg

しかし、これに関しては、作品の構成にも問題があり、昨年7月公開の「アマルフィ 女神の報酬」のように、音楽が途中でブチッと電源が切れたかのように、いきなり次のシーンに進んでいるため、「二十歳の戦争」や「BANDAGE」など、フルコーラスで聞くと良い楽曲なのに、それが伝わらないのは大きなマイナスだったと思います。

ハッピーズがスタジオでレコーディングをした際、偶然にもアサコとLANDSの元マネージャーのユカリ(伊藤歩)が偶然再会し、ユカリは別室でナツがレコーディングをしていることをアサコに伝え、そこで「二十歳の戦争」を強制的とも取れるような感じで区切り、エンドロールになったシーンがその典型です。
「NANA」のように、もう少しバンドの要素を入れて、切りのいいところで次のシーンに進んでも良かったのではないでしょうか。

かつてバンドを組み、ライブハウスやストリートで演奏を披露したり、本気でCDデビューを目指して頑張ったことのある人は、「自分も昔はこんなことしてたなぁ」などと、懐かしむことができるかもしれませんが、音楽映画として見た場合は物足りなさを感じるかもしれません。

起承転結がしっかりとせず、「□ヵ月後」や「□年後」などというテロップも多く使っており、話が急に展開しているため、ストーリーや展開など全体的に焦点がピンボケをしていた印象が否めませんでした。

この作品は脚本が岩井俊二ということですが、彼が脚本と監督を兼任して、小林武史は音楽担当に専念して作成した方がまとまりのある作品になったのではないでしょうか。

<最後に余談>
どこにでもいるような普通の高校生を演じてた北乃きいですが、おたふく風邪で寝込んでいたユカリに水を直接飲ませるのではなく、口移しで飲ませるシーンでにおいては、ちょっと驚きましたね(笑)

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

ゴールデンスランバー(試写会)


[ゴールデンスランバー] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

ゴールデンスランバー~オリジナルサウンドトラック~

おみくじ評価:中吉

2010年7本目です。

【あらすじ】
宅配便ドライバーの青柳雅春(堺雅人)はある日、大学時代の友人・森田(吉岡秀隆)と再会。
すると、再会している場所付近で行われていた金田首相の凱旋パレードの最中に、ラジコンヘリが首相の頭上で爆発。
「逃げろ。とにかく逃げて、生きろ」と、森田から謎の忠告を聞き、訳もわからずに逃走した青柳は、身に覚えのない証拠によって無実の暗殺犯に仕立てられていき、仙台一帯に張り巡らされた包囲網をかいくぐっていくのでした。

001.jpg  002.jpg  003.jpg

【レビュー】
auの試写会キャンペーンの招待券が当選したので、1月30日の公開に先駆けて、渋谷C.C.Lemonホールで行われた試写会に行ってきました。

全体的にシリアスっぽい内容になるのかと思いきや、コメディ要素も多く盛り込んでおり、とてもメリハリの利いた出来栄えになっていました。
上映中、暗殺犯に限らず、自分が冤罪や無実の罪に問われたら、「周囲の友達や親戚は自分を助けてくれるだろうか」「自分の言うことを信じてくれるだろうか」と自問してしまうほど作品を集中して見られました。

キャスティングも非常に充実しており、「今度は愛妻家」で好青年を演じた連続通り魔犯・キルオ役の濱田岳も凶悪犯とは思えないような性格や、独特な口調が印象的でした。
また、なぜかショットガンを常用している警察官の小鳩沢役の永島敏行もセリフがないながら、「何でしゃべんないだ?」とか、「住宅内で発砲していいのかよ」と突っ込みを入れたくなる配役が面白かったです。

004.jpg  005.jpg  006.jpg

この作品は、真犯人が誰なのかに重点を置くのではなく、無実の罪に問われた一人の男が、どのようにして逃げ切れるか、ないしは、青柳が「自分に残された最後の武器は、人を信頼することだ」と言っているように、いかに親友との信頼を築き上げられるかがこの作品の焦点となっています。

長い間放置していた車がバッテリーを交換した程度ですぐに動くものなのかと突っ込んでみたくなったり、ネットカフェで知り合った井ノ原小梅(相武紗季)がいったい何者だったのか、この作品ではさほど重要ではないとは言え、真犯人が明らかにされなかったことなど、疑問に感じる点はあるものの、「Sweet Rain死神の精度」や「重力ピエロ」など、自分が見た伊坂幸太郎の映画化作品の中では、一番シナリオやストーリー展開がしっかりしていたと思います。

仙台の風景を見て楽しむも良し、青柳と警察庁の佐々木(香川照之)との駆け引きを見て楽しむも良し、各出演者のコミカルな演技を見ても楽しめるも良しと、どんな視点からでも楽しめる作品になっています!

<最後に余談>
実は、父方の伯父が仙台に住んでおり、定禅寺通りや、晴子(竹内結子)が娘と買い物をしていたデパートなど、仙台を訪れる際は必ず訪れる場所を多く目にしたので、「あそこで撮ったのか」とか、「あの店が映ってる!」などと、違う楽しみもありました。

昨年3月に公開された「ジェネラル・ルージュの凱旋」で、竹内結子がソフトボールの試合をしていた球場が、僕の自宅から自転車で20分程度で行ける場所にあるなど、竹内結子出演の作品には何かと縁があるようです(笑)

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

ラブリーボーン(試写会)


[ラブリーボーン] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

The Lovely Bones

おみくじ評価:

2010年6本目です。

【あらすじ】
1973年12月6日。
学校の帰り道に、近所に住む男ジョージ・ハーヴェイ(スタンリー・トゥッチ)に呼び止められ、そのまま殺されてしまった14歳のスージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)。
彼女は、現世と天国の狭間の世界で、悲しみに暮れる家族と初恋の相手、そして自分を無惨にも殺し、犯行の証拠隠滅に成功したハーヴェイの行く末を見守り始めるのでした…。

【レビュー】
またまた試写会の招待券が当選したので、1月29日の公開に先駆けて、東京厚生年金会館で行われた試写会に行ってきました。

「ロード・オブ・ザ・リング」や「アバター」などを手掛けた世界最高峰のスタジオ、WETAデジタルが作成したCGだけに、とてもきれいで、天国と現世の狭間の世界の映像はいかにも、「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督らしいファンタジックな描写でした。

01.jpg  02.jpg  03.jpg  

ただ、VFX技術を駆使した映像は良かったものの、ストーリーの起承転結があやふやだったため、終盤には消化不良の感じが否めませんでした。

確かに、サスペンスものやミステリー作品のように、犯人が誰なのかに重点を置くのではなく、亡くなった少女が違う世界から、残された家族を見守っているという構成は斬新で、好感が持てました。

また、この作品は見る前から、スージーが殺されることが分かっているため、ハーヴェイと一緒にトウモロコシ畑の地下倉庫に誘われたシーンには、「行っちゃダメだ〜」とか、「あぁ、殺されちゃう…」などと、ハラハラドキドキして見入ることができました。
しかし、ストーリー展開に一貫性がなく、中盤以降はやや薄っぺらい展開になっています。

そう思う理由は3つ。

1つ目
スージーの妹・リンジー(ローズ・マクアイヴァー)がハーヴェイの家に不法侵入してスージーを殺害した決定的証拠を見つけたにもかかわらず、家出から戻ってきた母のアビゲイル(レイチェル・ワイズ)と父・ジャック(マーク・ウォールバーグ)が抱き合う姿を見て、証拠を出すのをためらったことです。
僕は殺害の証拠を両親に見せ、さらに警察に告発してハーヴェイは逮捕されるという結末を予想していただけに、残念でした。

04.jpg  05.jpg  06.jpg

2つ目
霊感に強い同級生のルースは、スージーの遺体をゴミ捨て場に投棄しようとしたハーヴェイを見て、何かに気づくのかなと思いきや、結局はスージーに体を貸して、スージーの初恋相手・レイとの思いを結びつけるためだけの存在という設定も、インパクトに欠けており、序盤で、この作品のキーパーソンになるなという印象を持たせたにもかかわらず、最後まで大きな見せ場もない「チョイ役」だったので、肩透かしを食らったようでした。

3つ目
犯人のハーヴェイに関しても、結局は右肩に刺さったツララにバランスを崩して滑落死し、最後は逮捕をされて「めでたしめでたし」になるのかと思いきや、事件は闇に葬られたままだったため、全体的にピンボケしている印象が否めません。

パンフレットには、「渾身の感動超大作」と書かれてありましたが、突っ込みどころが多く、どこで感動したらいいのか迷うほどでした。

<最後に余談>
エンドロールが13分と非常に長いため、流れ終わってから席を立つという方も、今作に関しては、途中で退席しても問題ないと思います。

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。