のだめカンタービレ 最終楽章 前編


[のだめカンタービレ] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

映画「のだめカンタービレ最終楽章前編」ガイドブック (講談社MOOK)

評価:9.0/10点満点

2009年103本目(97作品)です。

【あらすじ】プラティニ国際音楽コンクールでの優勝後、千秋真一(玉木宏)は、ルー・マルレ・オーケストラの常任指揮者に抜擢されるも、全然やる気のない団員たちの態度を目の当たりにし、がく然。
一方、のだめこと野田恵(上野樹里)は、千秋を見守りながらも、音楽学校の進級試験を控え、練習に励む毎日を送っていたのでした。

【レビュー】
こんなにゲラゲラ笑いながら映画を見たことってあったかな??

思わず、そうこぼしてしまうくらい笑わせてもらいました!
のだめの変態っぽい口調や、シュトレーゼマン(竹中直人)の片言の日本語を使った演技など、見方を変えると、「出演者が一番楽しんでいるじゃないか」と思うような内容になっていますが、そういった懸念も吹き飛ばしてくれるほど、ギャグシーンには面白みがありました。

大げさに言うならば、

笑いとクラシックが

上手にコラボレーションできている作品!


と言ったところでしょうか。


また、千秋と孫Rui(山田優)とのハグに嫉妬したのだめが、千秋の肩に噛み付いたり、谷原章介の顔芸などにも大いに笑えました。
その中でも僕が一番笑ったのは、「ボレロ」の終盤で、ワックスに足を滑らせた演奏者の頭に銅鑼がぶつかるシーンで、あれは反則ですね(笑)

舞台がヨーロッパだけに、当然演奏者は外国人なわけですが、出演者の声が全て吹替えだったことも笑いのツボを押さえていました。
洋画の吹替え版は、どうしても違和感が生じるため、洋画は絶対に字幕!と決めている僕にとっては、最初は字幕版の方が良いと思っていましたが、
むしろ、その違和感を逆手にとって笑いを誘っており、最初から字幕にしていた場合は、コメディ色が薄れていたかもしれませんね。

また、CGも上手に取り入れており、千秋との初共演に喜び、町中でビラを撒いたり、アニメの動物とのだめが踊るシーンには、「こりゃ参った」と一本取られた気分でした。

テレビドラマの映画化は、2時間のスペシャル版でも十分と思えるような作品も少なくありませんが、この作品に関しては、クラシック音楽がメインだけに、普通のテレビでは味わえない美しい音響で堪能でき、なおかつ映画館ならではの臨場感や迫力も感じることができました。

さらには、思わず失笑してしまうほど下手な「ボレロ」から、終盤のチャイコフスキーの楽曲まで、
誰もが一度は聞いたことのある音楽を聞かせた上に、「ボレロは各演奏者の実力が明らかになる怖い楽曲だ」など、千秋の分かりやすい説明を盛り込んでいるため、
クラシック音楽をほとんど聞いたことがない方でも十分楽しめると思います。


上野樹里の、のだめはとてもキュートで見事なハマリっぷりには脱帽です。
笑わせるところはしっかり笑わせて、千秋が指揮をするオーケストラの公演が見事に大成功し、千秋との実力差を痛感したのだめが泣きながら「ずるい」と言ってショックを受けて落ち込む表情にはギャップがあり、とてもメリハリの利いた演技ができていたと思います。

また、「ライアーゲーム」や「ブラッディ・マンデイ」など、普段はシリアスな役柄が多いエリーゼ役の“みっちゃん”こと吉瀬美智子の声を張った口調やテンション高めの演技もとても印象的でした。

全体的なストーリー展開を見ても、笑えるところは思い切り笑えて、クラシックの演奏の真面目?なシーンでは感動でき、とりわけ、チャイコフスキーの「序曲1812年」では、足でリズムを踏んだり、思わず拍手をしそうになるほど、演奏にのめり込むことができました。
ただ、笑えるシーンが終盤にもあっても良かったんじゃないかと言う気持ちもありましたね(ちょっとわがままかな…)

現地に観光したくなるようなヨーロッパの古典的な風景を見ても楽しめますし、クラシックの各曲を聴きながら楽しむのも良し、のだめと千秋の迷?コンビに重点を置いて見るも良しと、いろんな角度から見ても楽しめるのもこの作品の特徴と言えます。

実を言うと、僕はドラマ版の「のだめ」は、ほとんど見たことがなかったんですが、そんな僕も思う存分楽しむことができました。
見ようかどうか悩んでいる人はぜひ映画館に足を運んで見てください。
私、ミスターシネマの2009年最後の映画鑑賞にふさわしい作品でした。

後編では清良(水川あさみ)や龍太郎(瑛太)など前編ではほとんど出番がなかった共演者も活躍しそうですし、のだめと千秋の恋の行方がどうなるかなど、今から楽しみです!

「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」は、2010年4月17日公開予定です!

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

ウルルの森の物語


[ウルルの森の物語] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

ウルルの森の物語 オリジナル・サウンドトラック(初回限定盤)

評価:5.0/10点満点

2009年102本目(96作品)です。

【あらすじ】
母・夏子(桜井幸子)の入院をきっかけに離婚した獣医の父・大慈(船越英一郎)がいる北海道で暮らすことになった昴(桑代貴明)としずく(北村沙羅)。
都会とは全く違う環境に戸惑いつつも、徐々になじんできたある日、2人は狼に似た子犬と出会い、その子犬を「ウルル」と名付け、共に幸せな日々を送っていた矢先、大慈の後輩で、野生動物保護協会の長谷部(光石研)が訪れ、ウルルは絶滅したはずのエゾオオカミの子供の可能性が高く、研究機関で預かるべきだと主張するのでした。


【レビュー】
「マリと子犬の物語」のスタッフが再集結して作られた映画ということですが、前作があまりにも良かったせいか、やや物足りなさを感じる内容でした。

確かに、北海道の自然豊かな風景は映像で見ているだけで良い気分になりましたし、野生動物に出会うことで、子供達が人間的にも精神的にも成長をしていき、自然との共存がどれだけ重要なのかを実感できました。
また、マタギ役の大滝秀治も、少ない出番ながら、「さすがはベテラン!」と思わせてくれて、とてもいい味を出していましたし、不発に終わることが多いお笑い芸人の映画出演も、今作のよゐこ濱口に関しては、それなりの存在感を出していたと思います。

しかし、スタッフが同じだから仕方ないとはいえ、兄妹が大雨の山中で行方不明になったり、船越英一郎のフラストレーションが溜まったときの演技など、ストーリーや構成が前作と同じだったことで、この作品の価値が下がってしまっているのが実に惜しかったです。

船越英一郎は「2時間ドラマの帝王」、もしくは「サスペンスドラマの帝王」という異名を持ちますが、悔しがったり、感情的になってものに八つ当たりする演技が刑事ドラマと全く同じのため、この作品ではどうしても大げさに感じてしまうのもマイナス要因でした。
もう少し演技を工夫するなり、演技の路線変更をしても良かったのではないでしょうか。


また、子役の兄妹たちが前作との兄妹役立った子供とは比較にならないくらいの演技力不足で、中盤以降には徐々に慣れたとはいえ、声があまりにも一本調子すぎで、セリフも棒読みに聞こえてしまうため、学校のお遊戯会と思うくらい不自然でした。

さらには、しずくが昴のことを「おにぃ」と呼んだり、千恵(深田恭子)が兄の大慈のことを「兄貴」と呼んでいることも違和感が拭えず、普通に「兄さん」とか、「お兄ちゃん」にするべきだったのではないでしょうか。
どうもわざとらしく聞こえてしまいました。

序盤で負傷した鹿を野性に戻し、人間は恐ろしい生き物だと思わせるために爆竹を鳴らすシーンがありますが、「なるほど」と感心させてくれたものの、母親の狼に出会ったウルルを野生に戻す手段がビー玉を当てると言うのは、筋違いだったのではないでしょうか。

爆竹は無理にしても、ビー玉を投げて野性に戻すと言うのは、見方次第では動物虐待にも見えてしまい、動物愛護団体から苦情が来るのでは、と心配になったほどです。
兄弟が泣きながらビー玉を投げる姿は切なくなりそうでしたが、ウルルを野性に戻すためには仕方ないことと分かっていながらも、このシーンに関してはあまり感情移入が出来ませんでした。

スタッフが同じでも、監督や脚本が違うため、こんなにも違う仕上がりになるのかとビックリするくらい前作との完成度に差がありました。
最後は手術に成功した夏子がラベンダー畑で子供達と再会をし、ハッピーエンドとなりましたが、モヤモヤ感が残る作品でした。

野生動物や自然との共存について興味のある方は、この作品ではなく、CSの「ディスカバリー・チャンネル」や、「アニマル・プラネット」を見た方が良いかも知れません…。

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

パブリック・エネミーズ


[パブリック・エネミーズ] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

映画「パブリック・エネミーズ」オリジナル・サウンドトラック

評価:5.5/10点満点

2009年101本目(95作品)です。

【あらすじ】
1933年。 
窃盗罪で10年近い服役を受け、刑務所暮らしの中で、その後強盗団に加わる仲間から仕事(強盗)のスキルを学んだジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)はある日、クラブのクローク係として働く美しいビリー(マリオン・コティヤール)に一目惚れ。
誰なのか知らない男に最初は戸惑うビリーも、次第にジョンに惹かれていき、二人は警察から身を隠しながら生活する日々。
一方、警察の捜査をものともしないジョンを何としてでも捕まえたいFBIは、エリート捜査官のパーヴィス(クリスチャン・ベール)を送り込み、デリンジャーを「パブリック・エネミー(社会の敵)」として指名手配し、徹底した捜査で逮捕をもくろむのでした。


【レビュー】
この作品は見る人によって評価が大きく変わってくると思います。
この作品がジョニー・デップ主演でなければ、いたって普通のだったかもしれません。

確かに、仲間を決して見捨てず、富裕層の金だけを狙い、一度決めたことは信念を曲げずにとことん遂行する姿は、「これぞ真の男!」という感じに見えました。
またビリーが、「私、あなたのことは何も知らない」と言うと、「おれが好きなものは野球、映画、速い車に高級な服、そして君だ」とか、ジョンと共に行動することを不安がるビリーに「おれは殺されない、おれ愛する女と年老いて死ぬんだ」など、女性なら思わずクラッと来てしまうような口説き方は聞き応えがありました。
しかし、ジョニー・デップのファンじゃない人にとっては、ただの「クサイ言葉」にしか聞こえないかもしれません。


そもそも、どうしてジョンがビリーにべた惚れだったのが描かれていなかったため、見ている側にはただの強引なナンパにしか見えませんでした。
また、銃撃戦のシーンも短く、ワンパターンに銃を連射しているようにしか見えなかったため、これまた不発に感じました。

メルヴィンも凄腕の捜査官というキャラも今ひとつ描き切れてなく、もっと日本の刑事ドラマのように捜査模様を入れた方がよりスリルのある映画になったのではないでしょうか。

ジョニー・ファンには申し訳ないですが、141分という比較的短い上映時間が長く感じてしまいました。
一貫性のないストーリー展開だったので、「銀行強盗を繰り返す男の物語」という意図は伝わるものの、見方を変えると恋愛ものっぽく感じましたね。

実話を基にした作品に「あっけない」というのは不適切かもしれませんが、メルヴィンとジョンの知恵比べや、駆け引きの時間を増やしたり、ビリーとの恋愛模様を増やすなど、どちらかに重点を置いた展開にすべきだったと思います。

ジョニー・デップは格好よかったですが、「理想の彼氏」同様、
しばらく時間が経つと、忘れてしまうんじゃないかと思ってしまうような内容でした…。

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン