TAJOMARU


[TAJOMARU] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

TAJOMARU 通常版[DVD]

評価:6.5/10点満点

2009年84本目(79作品)です。

【あらすじ】
阿古姫(柴本幸)という幼なじみの婚約者がいて、将来も約束されている畠山家の次男・直光(小栗旬)。
家臣の桜丸(田中圭)の陰謀により、山中に逃げ込んだ二人は盗賊の多襄丸(松方弘樹)に襲われ、そのすきをついて逃げ出した阿古を追う多襄丸を殺めてしまった直光は、多襄丸から自分の名前を継ぐよう託されるのでした。

室町末期に名門・畠山家の次男に生まれながら盗賊・多襄丸となった直光(小栗旬)と阿古姫(柴本幸)、直光の地位を狙う桜丸(田中圭)らの数奇な運命を描いた作品になっています。


【レビュー】
小栗旬は舞台が多いこともあり、セリフも舞台の演技っぽく感じましたが、全く違和感はありませんでした。
「火天の城」ほどではないにしても、先代・多襄丸の松方弘樹や、足利義政役の萩原健一など、
ベテラン俳優もとてもいい味を出した演技をしていました。

ただ、キャスティングで物足りなさを感じたのが、子役と桜丸役の田中圭です。
直光たちの幼少期を演じた子役のセリフは、お遊戯会と思ってしまうくらい棒読みに聞こえるときがあり、もう少し感情の入った演技のできる子役にすべきだったと思います。

また、田中圭に関しては、僕の固定観念が邪魔をしていた部分もあるかもしれませんが、ドラマでも悪役が少なく、憎たらしい役に完全になりきっておらず、殺陣のシーンに関しても、エネルギーを感じられなかったため、迫力不足という印象が否めませんでした。


松方弘樹の演技は前述したとおり、存在感が大きく感じるほどの演技をしてくれましたが、一瞬のスキを突かれて直光に刺殺されるのが非常にあっけなく、何ヶ所も刺されているのに、長時間喋っているため、リアルさに欠けていました。
このシーンに関しては、息の根が止まるまでの時間をもっと短くするべきだったと思います。

多襄丸となった直光は、その日の夜に道兼(やべきょうすけ)率いる盗賊と遭遇し、盗賊団の頭になりますが、その成り行きもコミカルにするのではなく、圧倒的な力でねじ伏せて頭になった方が見ごたえやまとまり感があったのではないでしょうか。

退屈にはなりませんでしたが、全体的に評価をすると、
1人の男の成長を描いた物語なのか、ラブストーリーなのか、
焦点がハッキリせず、一貫性のない作品に見えました。

桜丸に捕虜された阿古姫が、助けに来た直光の目の前で、地獄谷に自ら飛び降り、直光自身も飛び降りて追いかけるシーンにおいても、死んでもおかしくないのに、直光には大きなケガがなく、あっさりと地獄谷を脱出できてしまうため、本当に地獄かと拍子抜けしてしまうほどでした。
せっかく直光が助けに来たのに、阿古姫がなぜ自ら飛び降りたのかも謎で、登場人物の行動が唐突だったのも事実です。

また、ラストの直光と桜丸の決闘で、先代・多襄丸からもらった究極の剣が、他の武士の剣は容易に切断できたにもかかわらず、桜丸の刀だけは切断できないなど、矛盾点も多いため、
小栗旬のファンの方には楽しめる作品かもしれませんが、映画の内容を重視して見ようとしている方には、物足りない作品に感じるかもしれません。

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

男と女の不都合な真実


[男と女の不都合な真実] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

男と女の不都合な真実 コレクターズ・エディション [DVD]

評価:7.5/10点満点

2009年83本目(78作品)です。

【あらすじ】
カリフォルニアの地方TV局でプロデューサーをしているアビー(キャサリン・ハイグル)は、結婚適齢期を過ぎても、恋愛に関しては11か月もご無沙汰。
そんなある日、自宅の隣に引っ越してきた整形外科医のコリン(エリック・ウィンター)に好意を抱き、彼を振り向かせるために、過激な下ネタが売りで視聴率を稼ぐ恋愛コメンテーターのマイク(ジェラルド・バトラー)と手を組むことを決意。
「俺のアドバイスでコリンと付き合えなかったら、コメンテーターを辞職する」と自信満々のマイクのアドバイスを、最初は嫌がっていたものの、徐々に受け入れるようになったアビーは、髪型を変え、スカートを10センチも短くするなど、男ウケする女へと大変身。
すると、マイクからの助言が奏功し、ついにコリンに「一緒に野球を観に行かないか」と念願のデートの誘いを受けるのでした。


【レビュー】
「Sex and the City」を緩急のある変化球とするならば、この作品は剛速球で勝負をする投手といったところでしょうか。

起承転結がしっかりしており、ストーリーや展開もいたってシンプルです。
それゆえ、「やっぱりそうなったか」と中盤以降では結末がある程度予想できます。
しかし、見ているこっちが恥ずかしくなるくらいストレートすぎる隠語の連発のため、
ラブ・コメディとしては大いに笑える作品になっていました。

内容でいえば、8月に公開された「そんな彼なら捨てちゃえば?」と「Sex and the City」を足して2で割ったような感じでしょうか。

フェ○チオやペ○スなど、日本では絶対にピー音が入るような言葉が当然のごとく出てくるため、「下ネタ系はちょっと…」という人に楽しめないかもしれません。
ただ、グロテスクなシーンがあるわけでもなく、過激な性描写があるわけでもないので、僕としてはR-15ではなく、PG-12でも良かったのではないでしょうか。
この作品をR-15にするのであれば、「Sex and the City」や「愛を読むひと」もPG-12ではなく、R-15にすべきだと思います。

いずれはDVDとしてリリースされると思われますが、日本語の吹き替え版が搭載されていたら、どのように翻訳されるのか見てみたいですね。
レストランでの接待シーンでパンツの中に入っているバイブにあたふたするアビーの表情がたまらなく面白かったのですが、実際にパンツの中にバイブを入れていたかが気になりますね(笑)


この作品は言うまでもなく、下ネタで笑いを誘うラブコメディーですが、
男女間の恋愛もしっかり描かれています。

水と油の関係だった2人が最終的に結ばれるという結末は、多くの人が予想できたと思いますが、ホテルのエレベーターで、ここで降りないといけないのに、相手を意識してなかなか降りることができず、キスをしてしまうというシーンは、まるで付き合う前のドキドキ感のある男女のようでした。
実際の恋愛でもありそうなシチュエーションのため、現実的に見られました。

やはり、見た目は大事ですが、ずっと仮面をかぶっていても、自分がむなしくなるだけなのかもしれませんね。
現に、僕の友達でも「付き合う前と性格が違う」といわれてフラれたケースがたくさんいますからね…。
婚活中の方もこの作品を見ると、「本当の恋愛って何だろう?」と自分の考え方が変わるのではないでしょうか。

ただ、この作品はあくまでもアメリカン・ラブコメディのため、マイクとアビーの行動やアドバイスを参考にしようと思ってると、日本では恥をかくかもしれません…。

最後に、余談になりますが、シルバーウィーク中だけあって、座席はほぼ満席でした。
年齢層で言うと、20〜30代が中心だったように感じましたが、高校生っぽい男女もたくさん見受けられました。
僕が高校時代に知らなかった単語も結構出てきたんですが、彼らはどう思ったんでしょう?ちゃんと意味わかったのかな??
若いカップルもいましたが、僕だったら、彼女と一緒には見るのは気まずくなりそうで嫌ですね(笑)

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

カムイ外伝


[カムイ外伝] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

カムイ外伝 [DVD]

評価:5.5/10点満点

2009年82本目(77作品)です。

【あらすじ】
掟に縛られている世界にうんざりし、真の自由を求めて忍の世界を抜け出したカムイ(松山ケンイチ)。
それが原因でかつての仲間、大頭(イーキン・チェン)とミクモ(芦名星)に裏切り者扱いされ、しつこく追われるも、生きるために必死に逃亡を続ける毎日。
そんなある日、カムイは漁師の半兵衛(小林薫)を助けたことで、彼の家に身を寄せることになるものの、半兵衛の妻・スガル(小雪)は自分も抜忍だったため、カムイの出現に警戒心を募らせるのでした。

【レビュー】
今年4月から予告上映を見ており、注目度も高く面白そうだなと思っていました。
また、崔洋一が監督で、宮藤官九郎が脚本ということで、見る前は期待をしていましたが、いざ見てみると、CGやワイヤーアクションにインパクトを感じられず、消化不良の時代劇になっていました。

サッカーでもスター選手が揃っているのに、なかなか優勝できないチームがいますが、この作品でも松山ケンイチ、小雪、伊藤英明など、多彩な駒が揃っているにもかかわらず、全体的に中途半端な出来になっています。
言い換えれば、キャスティングが良くても、いい作品になるとは限らないということを改めて認識しました。
  

確かに、アクション初挑戦の松山ケンイチの動きや刀さばきは見ごたえがあって評価できますが、逃亡する際に使われているワイヤーアクションはあまりにも不自然で、まるでからくり人形のようでした。
崖や高木を登るのにワイヤーが不可欠なのは分かりますが、ワイヤーを使うのであれば、もう少し自然にして欲しかったですね。

また、カムイの得意技で、プロレスのジャーマンスープレックスに相当する「飯綱落とし」や、手裏剣などをよけるシーンに関しても、スローモーションで流していることで、アクションシーンの迫力を下げているのもマイナスです。
特に、武器をよけるシーンはどうもわざとっぽく見えてしまいました。スローのシーンを減らして、スピーディなアクションを入れていれば、もっとスリルのある作品になったのではないでしょうか。

カムイたちが乗っている小船が人食いザメに襲われそうになるシーンがありますが、「釣りキチ三平」の巨大魚のように、そのサメもCGというのがバレバレで、動きも不自然だったため、驚きどころか、失笑してしまうほどでした。


VFX技術を駆使したシーンも全てが空回りで、CGを使うのであれば、もっと実物に近いように作り上げて欲しかったというのが正直な気持ちです。
平たく言えば、バレバレのCGを使って失笑してしまうのであれば、最初から使うべきではなかったと思います。

また、この作品は年齢制限がありませんが、不動(伊藤英明)が両腕を切断されたり、義眼をくりぬくなど、グロテスクなシーンが少なくないため、PG-12が適当ではなかったでしょうか。

一番のセールスポイントであるべきアクションが不発で、VFX技術も使わなかった方がマシだったのでは、と突っ込みたくなるくらい中途半端のため、悪役を演じきっていた伊藤英明や、「ラスト・ブラッド」よりもアクションシーンにキレがあった小雪、若手の成長株の大後寿々花など、各出演者のせっかくの好演技が空回り気味に見えてしまうのが残念でなりません。

続編を匂わすような終わり方でしたが、続編があっても、今作ほどのヒットはしないのではないでしょうか。

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。