南極料理人


[南極料理人] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

南極料理人 [DVD]

評価:7.0/10点満点

2009年75本目(70作品)です。

【あらすじ】
1997年。
南極の昭和基地から更に1000km離れた、平均気温マイナス54度の「南極ドームふじ基地」に料理人として派遣された西村淳(堺雅人)は、南極越冬隊員たちの食事に腕を振るう毎日。
妻のみゆき(西田尚美)と2人の子供を置いて単身赴任をする生活に最初はためらうものの、海上保安庁の調理担当として働いている経験を活かし、料理を観測隊員に作ることにやりがいを感じ、やがて他の隊員にとって、必要不可欠な存在になっていくのでした。

【レビュー】
普段はシリアスな役が多い堺雅人が、この作品では休日はテレビを見ながら、おならをして、娘に尻を思い切り蹴られるなど、「どこにでもいるような普通のおじさん」を演じていますが、違和感なく楽しめました。

出てくる料理がどれもおいしそうに見えてしまい、昼ご飯を食べる前に観賞したせいか、余計にお腹が空いてしまったので、昼食を摂っておけばよかったとちょっと後悔しました(笑)
食材はほとんどが冷凍食品や缶詰ですが、どれもレストランで作ったような料理に見え、隊員たちがおいしそうに食事する姿を見て、僕も自然にほんわかとした気持ちになりました。
特に、びっくりするくらい大きなローストビーフを切るシーンには、思わずヨダレが出るくらい美味そうでした。


堺雅人以外の俳優もとても個性派揃いで、ラーメンがないと眠りにつけないほどラーメン好きの隊長(きたろう)や、雪氷学者の本さん(生瀬勝久)、医療担当の傍らバーテンダーもできるドクター(豊原功補)など、とても良い味を出していました。

観測隊員の仕事の場面は少なく、西村の普段の生活をドキュメンタリーっぽく映像化している、至ってシンプルな構成になっていますが、伊勢海老をフライにして食べたり、外で直火焼きしたローストビーフを持って、聖火ランナーのように走るシーンなど、笑えるところも結構あり、まったく退屈にはなりませんでした。

ただ、猛吹雪の中、パンツ一枚で節分の日に豆まきをしたり、自転車に乗るなど、日本でも真冬はかなり寒く感じるのに、「本当に氷点下54度なのか?」と首を傾げてしまう場面があるため、もう少し南極ならではの厳しさや、極寒の地らしく撮ってほしかったというのが正直な気持ちです。
動物やウイルスですら存在できない酷寒の地でパンツ一枚でいたら、即死してしまうと思うんですが、実際はどうなんでしょうか?


また、序盤は「○月○日、帰国まであと○日!」とホワイトボードに書かれてあった残り日数が、残り354日の時点でなくなり、それから日本帰国までは何日目に何があったのかが分からず、中盤以降は随分と急ピッチに話が展開した感じがしたので、個人的にはできれば最後までカウントダウン形式で残り日数を出して、退院たちが別れを名残惜しむ感動的なシーンも交えて欲しかったですね。

余談になりますが、南極には水道が存在しないため、雪を溶かしてシャワーをしたり、飲食に使われることや、電話代が1997年当時は1分740円だったことには驚きました。
また、料理だけに限らず、発生したごみはどうやって処理しているんだろうと思ったんですが、帰国する際に持ち帰って処理しなければらないんですね。
越冬隊員は仕事が終わった後も重労働があるんですね…。

これから見ようと思っている方は、食後に見ないと空腹との戦いで映画に集中できない恐れがあるので、
鑑賞前に腹ごしらえをしてから見に行くことをオススメします!

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

96時間


[リュック・ベッソン] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

96時間 [DVD]

評価:9.0/10点満点

2009年74本目(69作品)です。

【あらすじ】
カリフォルニアで暮らす元CIA工作員のブライアン・マイルズ(リーアム・ニーソン)は、離婚した妻のレノーア(ファムケ・ヤンセン)との間にできた17歳の娘・キム(マギー・グレイス)に会えることが生活の楽しみ。
そんなある日、キムが初めての海外旅行で訪れていたパリで、若い女性旅行客をターゲットにし、麻薬漬けにしては、ヤミ市場にかけるアルバニア系の人身売買組織に誘拐されるという最悪の事態に…。
過去のデータから、96時間以内に救出しないと、永久に取り戻せないことを知ったブライアンは、何の手がかりもない状態でフランスに行き、工作員時代に身につけた特殊能力を駆使し、自らの手で犯人たちから娘を取り戻そうと決意するのでした。

【レビュー】
映画を見てこんなにのめり込んだのはいつ以来だろう…

ひねりらしいひねりもない、いたってシンプルなストーリーですが、そうつぶやいてしまうほど面白かったです。

「トランスポーター3」のジェイソン・ステイタムに負けず劣らずのアクションは圧巻ですし、リーアム・ニーソンのアクションシーンの表情と、愛娘のキムと話している親馬鹿っぷりの表情とのギャップがまた良かったです!


「娘のためならエッフェル塔だって壊す!」

ちょっと言いすぎ?とも思いましたが、それは娘に対する愛情の裏返しでもあるので、「たとえ離れ離れになっても自分の娘なんだから絶対に取り戻す!」という並大抵じゃないブライアンの決心が垣間見えます。

そもそも、組織に誘拐されたのは、キムとその友人のアマンダ(ケイティ・キャシディ)の行動があまりにも軽率だったことにあり、冷静になって考えると、自業自得なんですよね。
フランスに到着するや否や、タクシー乗り場で見ず知らずの男性に声をかけられ、その男性が自分の好みだからということで、タクシーに相乗りしては、ホテルの部屋の場所や名前を教えるなど、「無用心にもほどがあるだろ」と突っ込みたくなるほどでした。

ブライアンの「海外旅行は危険だ」という不安が皮肉にも的中した形になったのですが、やはり、海外旅行に行く際は、声をかけられても全く相手にしないことですね。
「無視することが最大の自衛策」だということをこの映画で痛感しました(笑)

娘のキムが誘拐されそうになったと同時に、主人公が瞬時に状況を把握し、的確に娘を落ち着かせて指示をするやりとりはさすがは元CIA工作員だと思いました!

銃撃シーン、アクションシーン、盗難した車でカーチェイスと何でもありで、常にオーバートップギアで運転しているようなブライアンの爆走ぶりは、「ダイ・ハード4.0」を彷彿とさせ、とにかくすごいの一言です。


ただ、制限時間を96時間にしているのならば、定期的に「残り○時間」とテロップを出すべきだったのではないでしょうか。そうすれば、もっとスリル感が増したと思うんです。

ブライアンにとって絶体絶命のピンチと言える場面が一度だけありますが、そういう難関も簡単にクリアしているため、ブライアンに都合よく展開している部分があるものの、それでも、中だるみすることなく、スッキリとした気分で見終わりました。

キムを無事に取り戻した後、歌手志望のキムにサプライズとして、人気歌手のシーラー(ホリー・ヴァランス)の自宅に連れて行き、ボイスレッスンを受けられるというプレゼントを与えて終わったところは、「あんたはどこまで親馬鹿なんだ…」と愚痴りたくもなりますが、それまでの暴走を静めてくれるようで、良い締め方だと思います。

久しぶりに映画を見て気分が良くなりました。
上映が終了してもしばらくの間、「あー面白かった!」と余韻に浸れる作品です!
サスペンスやアクション映画が好きな方には、ぜひオススメしたい1本です!

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

童貞放浪記


[神楽坂恵] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

童貞放浪記 [DVD]

評価:6.0/10点満点

2009年73本目(68作品)です。

【あらすじ】
30歳になっても女性経験がないことにコンプレックスを抱えている大学講師の金井淳(山本浩司)はある日、出張先で大学院の後輩・北島萌(神楽坂恵)と久しぶりに再会。
連絡を取り合ううちに恋心を抱くようになり、淳は留学先への出発が近い萌に自分の思いを伝え、萌を自分の部屋に誘い、童貞を卒業することを決心するのでした。

【レビュー】
正直言って、神楽坂恵の裸体を目にできただけで見に行った価値がありました。
週刊誌では、神楽坂恵のヌードやベッドシーンをやたらに強調していたので、もう1,2回くらいベッドシーンがあってほしかったですね。
フライデーや週刊FLASHなどの週刊誌でグラビアをたまに見る程度でしたが、いわゆる「ボン、キュッ、ボン」に当てはまるくらい美しく、ペネロペ・クルスやスカーレット・ヨハンソン以上の衝撃を受けました。

アダルトビデオのような過激さやアブノーマルなシーンはありませんが、女性経験がないというコンプレックスを何とか克服して、童貞を卒業したいという淳の真剣さがリアルに伝わってきました。


ストーリーの中で、淳は童貞を捨てるチャンスが2回あるのですが、最初のチャンスは萌の生理が来たことで断念。
そして、2回目は極度の緊張から、体が一つになる目前になって萎えてしまい、あえなく断念…。
男にとってはこれほど屈辱的なことはありませんが、多くの男性が女性と初体験を交わすときは淳と同じ気持ちになったのではないでしょうか。

また、萌が日本を発つ時間が刻々と迫って焦ったのか、セックスがしたいだけと萌に見抜かれてしまい、結局は心も体も一つになれずに終わってしまうところがとても切なく見えました。
その後、淳が何度もデートを申し込むも、体が目当てと見抜かれてしまっては萌が距離を置いてしまうのも仕方ありません。
やはり、セックス=恋愛ではなく、セックス=コミュニケーションとして考えないと女性はなかなか好意的になりませんよね。

東大の大学院出身で、今では大学の講師として、日頃は学生に恋愛の心理描写の講義をしているのに、自分の恋愛においてはその知識を全く活かせず、そして、萌のこともイカせられないというのは、やはり女性経験の乏しさゆえなのでしょうね(笑)

しかし、学生たちは淳が童貞だということを知ったら、どう思うんでしょう(笑)
女性経験がないとわかった人間に恋愛文学を教わっても説得力がないような気がします…。


淳は「最後まで童貞を捨てられなかった」と嘆いていましたが、お互い生まれたままの状態で触れ合い、同じベッドで一夜を共にしたのだから、僕としては無事に童貞を卒業できたと思うんですが、違うのでしょうか?
それとも、淳自身が納得できていないのか、もしくは本番でフィニッシュできないと童貞を捨てたとは言えないのでしょうか?
みなさんはどうお考えでしょうか?

全体的に見ると、ベッドシーン以外は印象に残るシーンもなければ、これといったインパクトもありませんでした。
また、物語が淡々と進んでいるため、主役の山本浩司もそれほど存在感がない至って普通の作品だったように思えます。
主役の山本浩司よりも、金井と同僚の山口役を演じた堀部圭亮の方がの悪い同僚役を熱演していたような気がしますね。

余談になりますが、会場の渋谷のヒューマントラストシネマ文化村通りのスクリーンが結構小さくて驚きました。
女性ひとりで来たり、中にはカップルのお客さんもいましたが、鑑賞した後にどういう気持ちになったんでしょうね??

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン