アマルフィ 女神の報酬


[アマルフィ 女神の報酬] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]

評価:7.0/10点満点

2009年69本目(64作品)です。

【あらすじ】
クリスマス目前、亡き夫との思い出が詰まったイタリアで、矢上紗江子(天海祐希)の最愛の娘・まどかが失踪。
その誘拐事件の通訳を担当することになった外交官の黒田康作(織田裕二)は、紗江子の元にきた犯人からの電話で、自分が父親だと成り行きで名乗ってしまったことから、事件に巻き込まれることに…。
警察の包囲網を巧みに撹乱する犯人グループに翻弄され、捜査が一向に進まない中、大使館の研修生・安達(戸田恵梨香)らと共に調査をした結果、黒田はイタリア南部の港町「アマルフィ」に事件の鍵があることを突き止めるのでした。


【レビュー】
全編イタリアロケで、「フジテレビ開局50周年記念作品」ということもあり、製作にお金をかけているなという印象を受けました。
また、どんな状況も冷静に対処する外交官役の織田裕二も「踊る大捜査線」とは全く違うキャラを演じており、こういうシリアスな役の方が織田裕二にはぴったりだと思いました。

現地の警察に銃を向けたり、捜査権限がないのに警察と一緒に身代金の取引先で張り込みをするなど、「こんな外交官いるわけないだろ」と突っ込みながら楽しむことも出来ました。
ただ、お金をかけているからといって、それが必ずしも良い作品とは限らないんだということを改めて認識しました。

確かに、展開は起承転結がしっかりとしてまとまっているので、消化不良や見終わった後に解釈に悩むことなく鑑賞できました。
しかし、まれにあった放送事故かと思ってしまうように、映像と音楽が途中で切れて、次のシーンになる構成には非常に違和感を覚えました。
また、登場人物がそれほど多くないうえ、サスペンスの割りにそれほどひねった構成ではないため、
序盤で誰が誘拐犯の首謀者なのかが想像できてしまうことで、作品の完成度を下げています。
  

随所に出てくるイタリアの観光名所や自然風景などは、現地に行きたくなるくらい美しいですが、そのイタリアの建築物や風景の美しさは、5月に上映された「天使と悪魔」ですでに見ているため、新鮮味がありませんでした。
また、特別出演のサラ・ブライトマンの歌声も言うまでもなく美しく、「Time To Say Goodbye」もとても素晴らしい曲ではあるんですが、彼女のベストアルバムを持っていて何度も聞いているだけに、これまた特別な印象を持てませんでした。

この作品は、これといったインパクトも感じられず、だからといってつまらなかった作品と言うわけでもなく…。いたって普通の作品でした。
主演の織田裕二を始め、佐藤浩市や天海祐希、友情出演の福山雅治、声だけの出演だった中井貴一など、豪華な出演者のため、記憶に残るキャストにはなりますが、記憶には残らず、すぐに忘れてしまう内容だと思います。
あえて印象の残ったシーンを言うならば、福山雅治と織田裕二の2ショットと、エンドロールで家族や恋人と幸せそうに新年を祝うイタリアの人たちのシーンでしょうか。

今回の事件が原因で、黒田は南米・ウルグアイに飛ばされますが、続編が作れそうな雰囲気で終わっているので、続編がある場合は、麻薬問題や国境紛争を絡めるなど、今作以上の出来にしてほしいですね。

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

MW-ムウ-


[MW‐ムウ‐] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

MW-ムウ- ツインパック [DVD]

評価:6.5/10点満点

2009年68本目(63作品)です。

【あらすじ】
16年前。米軍が極秘に開発していた毒ガス兵器「MW」が開発場所の島で漏れ、それを世間に知られないようにと政府が島民を虐殺。
その島を逃げ出し、奇跡的に生き延びた当時少年だった銀行員の結城美智雄(玉木宏)と神父の賀来裕太郎(山田孝之)。
結城は事件を隠蔽した政府関係者と口止めに応じた出稼ぎの島民を復讐するために次々と殺害。
一方、賀来はその復讐を阻もうとしながらも、結城の思うように利用され、苦悩する日々。
そんな中、結城は事件の鍵を握る「MW」を手にし、世界の滅亡をもくろむのでした。


【レビュー】
「真夏のオリオン」を見て間もないだけに、いい役と悪役のギャップには違和感がありましたが、こういう悪役を演じる玉木宏もありかなと思いました。
冷酷で凶悪犯罪を重ねる殺人鬼をしっかり演じていたと思います。
また、結城を捕まえたと思いきや、ダミー、フェイクの連続で、沢木刑事役の石橋凌も冒頭のカーチェイスが格好よく、とてもいい味を出していました。

ただ、ストーリーにグイグイ引き込まれるものの、身代金の入ったカバンを抱えた男がタイを走り回り、犯人は手の込んだトラップを仕掛けて被害者を翻弄させるシーンや、石橋凌のカーチェイスのテンポは良かったものの、インパクトのあるシーンがそれだけだったのが寂しかったです…。

セキュリティが万全のはずの米軍基地にすんなり潜入して立てこもりができたり、同じアクションシーンでも、晴天時のヘリコプターからの攻撃を平地で人間が走ってなかなか命中しなかったり、手榴弾がいつまでも爆発せず、結局は沢木がキャッチして海に投げ捨てるなど、突っ込みどころも多かったです。


僕は漫画を読んでいませんでしたが、漫画で描かれていた結城と賀来の同性愛関係が省かれているため、熟読者からすると、手恷。虫の考えなど全くお構いなしのただのクライム・サスペンス映画だったようです。

また、賀来役の山田孝之は無精ひげに長髪と、神父とはいいがたい格好で、結城に翻弄される苦悩ぶりも空回りしている気がしていました。
なぜ、結城の犯行を正面から阻止できないのか、漫画を見ている人にはわかるのでしょうか、それは同性愛の要素を省いているから表現できないんでしょうか。
同じPG-12指定なのだから、原作に近づけて映画化すべきだったと思います。

前述した冒頭の石橋凌のアクションシーンは見ごたえがあり、今までとは違う玉木宏が見られたことは評価できますが、山田孝之が玉木宏とW主演という設定の割に出番がさほど多くない「チョイ役」に感じたり、米軍での立てこもりのシーンで突っ込みどころが多いなど、完全にすっきりとしたとは言い難い内容になっています。

この作品を原作者の手塚治虫は天国でどう思っているのでしょう…。

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

ノウイング


[ノウイング] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

ノウイング プレミアム・エディション [DVD]

評価:6.0/10点満点

2009年67本目(62作品)です。

【あらすじ】
大学教授で宇宙物理学者のジョン(ニコラス・ケイジ)は息子のケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)と二人暮らし。
そのケイレブが通う小学校で、50年前に埋めたタイムカプセルが掘り出され、ケイレブは少女ルシンダ(ララ・ロビンソン)が書いた未来予想図を手にするも、その紙は全体が意味不明の数字の羅列で埋め尽くされており、それに興味を抱いたジョンは、どういう意味があるのかを解析。
すると、その数列は同時多発テロや、ジョンの妻が死んだホテルの火災など、実際に起きた過去の惨事の日付や犠牲者数と、未来に起こる災難を予知する数列だと知り、激しく動揺。
そして、その数字の最後には、人類がかつて遭遇したことがない大惨事が待っていたのでした。


【レビュー】
「人類滅亡」をテーマにした作品は数多くありますが、50年前のタイムカプセルに入っていたメモに書かれた大量の数字が大惨事を予告していたという展開は「20世紀少年」の“よげんの書”を彷彿とさせて面白かったです。

また、傾いた飛行機が送電線を引きちぎって墜落したり、地下鉄列車が暴走してホームを横滑りして多くの乗客を跳ね飛ばすシーンなど、グラフィックの完成度は非常に高く、映像がリアルに見えるのはさすがはハリウッドのVFX技術だけあります!

ただ、パニックあり、ホラーあり、サスペンスあり、アクションありと、迫力があるにはあるのですが、ジョンが事件現場に居合わせているのに、ほとんど怪我をせずに平気でいられるところにはやや拍子抜けしてしまいました。

また、自分の予想としては、予言どおりの出来事をジョンが阻止し、ヒーローになる展開だと思っていましたが、50年前に書かれた数字の羅列が持っていた意味は一体どうなってしまったのか、と突っ込みたくなるくらい終盤は予言の重要度が下がってしまい、最終的にはケイレブの前に謎の宇宙人が現れて、宇宙人のささやきが聞こえた人間しか助からないという結末は唐突な感じがしてなりませんでした。


宇宙人のささやきが聞こえないため、ケイレブと一緒にはUFOに乗れないジョンは、子どもの運命を最後に見届けられたという点では良かったかもしれませんが、あっさりとケイレブとの別れを受け入れているため、特に感動せず、都合良く展開したとしか思えませんでした。

前述したように、飛行機事故や地下鉄事故のシーンはハリウッドらしく圧巻でしたが、数字配列の予言をメインにしているのに、それがちゃんと活かしきれていなかったり、「結局宇宙人が人類を滅亡させるのか」と思ってしまうくらい結末があっけなく、とても後味の悪い作品でした。

マラソンに例えるならば、折り返し地点までは快調だったけど、30km地点で息切れしまった感じでしょうか(笑)

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン