愛を読むひと


[愛を読むひと] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

愛を読むひと (完全無修正版) 〔初回限定:美麗スリーブケース付〕 [DVD]

評価:7.5/10点満点

2009年63本目(58作品)です。

【あらすじ】
1958年ドイツ。
猩紅熱で体調を崩していた15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は、自分を助けてくれた21歳年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)に一目ぼれをし、学校の授業が終わるたびに、ハンナの家を訪れては体を重ね合わせる日々。
順調に思えた関係でしたが、ある日突然、ハンナが失踪。

それから8年後。
法科大学生になったマイケルはゼミの一環として傍聴したナチスの戦犯を裁く法廷で被告席にいるハンナを発見。
ユダヤ人を大量に死なせた罪に問われていたハンナの過去を知り、真実を犠牲にしてまで秘密を守ろうとした決意を目の当たりにしたマイケルは、ハンナを助けられず、距離を置いてハンナを見守るだけしかなかったのでした。


【レビュー】
この作品の前半は、裸のオンパレードで驚きました。
アダルトビデオかと思うくらい激しいベッドシーンの連続で、PG-12の年齢制限が甘く感じるほどエロティックでした。

街中で病気を構ってくれたお礼に訪ねてきたマイケルに、わざとスカートをたくし上げてストッキングを装着するところを窓の外から覗かせるところから、マイケルはハンナの「罠」に見事にはまってしまったといえます。

数日後に訪れたマイケルに石炭まみれで汚れるのを分かっていながらも、地下倉庫にある石炭を運ばせて、服を汚しては、お風呂に入るよう誘導。
「のぞかないから…」と安心させて風呂上がりに背後からバスタオルを掛けた時には、ハンナは既に全裸になっており、背後から彼に胸から体全部を押し当て、「これを望んでここに来たんでしょ」と彼を捕まえてしまうシーンは女を知らない15歳ならまんまと誘惑におぼれてしまうと思います。

少年役のデヴィッド・クロスが18歳になってからラブシーンが撮影されたそうですが、とても18歳とは思えないくらいのベッドでの演技は上手でした。
あれほどまでにラブシーンを演じる18歳は世界的に見ても、そうはいないのではないでしょうか。少なくとも、日本では認められないと思います。

ただ、マイケルがハンナを好きだという気持ちはなんとなく伝わったのですが、
授業が終わって急ぎ足でハンナの家に駆けつけ、到着してまもなく、服を脱ぎ捨て、
ハンナをせかすシーンを見ていると、
ハンナはマイケルの恋人ではなく、ただの「性欲処理係」にも見えました。


後半になると、単なる若い少年の性を扱った作品とは打って変わり、戦争と平和をモチーフにしたストーリーに変化していきます。

周囲からすればたいしたことではないことでも、人に隠したい秘密は個人によって違うため、ハンナにとっては一大事だったのでしょう。
ハンナは文盲というコンプレックスを裁判でも明かさずに、無期懲役という重罪を受けることとなり、それを抵抗せずに受け入る一方、コンプレックスを分かっていながらも、何もできずに涙を流すマイケルの姿がとても切なかったです。

ハンナが自分で読まずに、朗読をマイケルに頼んだことや、事務職への昇進を辞退した理由も徐々にわかっていきます。

ケイト・ウィンスレットは、ハンナの複雑な気持ちを見事に表現して演技ができていたと思います。特に、60代の老人役の特殊メイクには驚きました。
また、惜しげもなく裸体を披露する姿は、プロ意識といいますか、役者魂が垣間見えており、オスカー受賞もうなずける演技をしていたと思います。

裁判でのやり取りだけでなく、収容所での看守時代の回想シーンを入れると、より感情移入ができたのではないでしょうか。
涙を流すほどの感想作ではなかったものの、とても深みがあり、余韻の残る作品でした。

年が大きく離れた男女のラブストーリーでもありますが、歴史を見つめるきっかけを作る作品でもありました。

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

トランスフォーマー/リベンジ


[トランスフォーマーリベンジ] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

トランスフォーマー/リベンジ スペシャル・コレクターズ・エディション  [DVD]

評価:7.0/10点満点

2009年62本目(57作品)です。

トランスフォーム(変身)する金属生命体同士の、人類を巻き込んだ戦いを描き、2007年に大ヒットを記録したSFアクションの続編です。

【あらすじ】
オートボットとディセプティコンの熾烈な戦いを経て、サム(シャイア・ラブーフ)は、生まれ育ったミッション・シティを出て、大学へ進学。
初めて両親と離れた生活を送り、恋人のミカエラ(ミーガン・フォックス)とも会えないことで不安を抱えるサム。

そこへ、オートボットとの壮絶な戦いに敗れ、宇宙へ逃走したはずの悪の金属生命体ディセプティコンが新たな仲間を引き連れ、地球に再上陸。
破壊したキューブの欠片からトランスフォーマーの祖先が残した秘密情報を強制的に脳に刷り込まれたサムは、再びメガトロンに狙われる羽目になり、オートボットとディセプティコンの新たなる闘いが始まるのでした。


【レビュー】
先日鑑賞した「ターミネーター4」同様、CGの技術を駆使したアクションシーンはとても見ごたえはあるのですが、8割方はロボットVSロボット、もしくは米軍VSロボットの戦闘シーンのため、ストーリー展開としては単調気味で終盤になると、飽きが出てきました。

もちろん、それぞれのシーンはスリルがあって面白いのですが、おいしい料理をおなかいっぱいになったあとに食べても、それほどおいしく感じないように、同じような戦闘シーンを長時間見てると、面白味も半減してしまいました。

ロボットが2007年の前作に比べて増えているため、敵味方の区別がつきにくかったり、上海で起きた事件なのに人民解放軍ではなく、米軍が対応するなど、傍若無人といいますか、展開が雑になっている部分があり、大幅な減点対象となりました。

また、米軍の描写に関しては随分と力が入っており、「アメリカは世界一なんだ!」と言わんばかりに軍事力を前面に出して、エジプトのピラミッドなど、現地の建物を破壊して戦闘を繰り広げる「やりたい放題」のところは、いかにもマイケル・ベイ監督らしかったです。


続編を匂わせるような締めくくり方でしたが、実際に第3作目はあるのでしょうか。
あったとしても、さすがに次は良いかなって思いますね…。
これから見ようと思っている方は、2007年の前作を見ないと話がなかなか理解できないと思います。

サムの両親のキャラが憎めないくらい面白かったり、恋人・ミカエラ役のミーガン・フォックスが前作以上にエロかったことなど、戦闘シーン以外でも印象に残るものはありましたが、長めの上映時間ということもあり、全体的に欲張っている感じがしました。

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

剱岳 点の記


[剱岳] ブログ村キーワード

↓ワンクリックの応援お願いします↓
にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン

劔岳 点の記 メモリアル・エディション [DVD]

評価:7.5/10点満点

2009年61本目(56作品)です。

上層部から「陸軍の威信にかけて、劔岳の初登頂と測量を果たせ」という厳命を受けた陸軍陸地測量部の柴崎芳太郎(浅野忠信)。

明治40(1907)年。彼は山の案内人の宇治長次郎(香川照之)らと共に雪崩や猛吹雪など、想像を絶する自然の厳しさを乗り越え、日本地図最後の空間地点を埋めるため、陸軍としてのプライドを懸けて、立山連峰の劔岳に挑むというストーリ展開となっています。

【レビュー】
CGやVFX技術に頼らない大自然の映像は素晴らしく、
木村監督の「こだわり」が如実に表現されている作品だと思います。

雪に覆われた山々はとりわけ美しく、絵葉書やポスターを見ているようでした。
雪崩や転落シーンはどうやって撮ったのか、重い機材を運んで断崖を登った撮影風景など、DVDでメイキング映像を見たくなるほどです。

雪崩や暴風雨のシーンは登山の経験がほとんどない僕にも、自然の脅威が伝わり、何日も山にこもって命を失いかねない崖を登るなど、役者たちに限らず、撮影するスタッフの方たちがいかに大変だったかも感じ取れました。

この作品は日本アカデミー賞の撮影賞も取れるのではないでしょうか。
また、案内人役の長次郎を演じた香川照之もアカデミー賞の助演男優賞にノミネートに相当する存在感がありました。


ただ、それぞれのシーンが淡々と進んでいく展開で、「おぉ!」と思わせる強いインパクトも多くないため、映画というよりは、NHKの「自然紀行」や「プロジェクトX」のようなドキュメンタリー番組を見ている感覚でした。

BGMも誰もが聞いたことのあるクラシックで親しみやすく、各出演者の演技も完璧ではありましたが、139分という比較的長めの作品ということもあってか、出演者のセリフの割合が多くないように感じました。

「ただ地図を作るためだけに前人未到の危険な山に登頂した男たちの物語」を主張するのであれば、上層部やライバルの仲村トオル率いる日本山岳会とのやり取りを増やすべきだったと思います。
それゆえ、浅野忠信と香川照之のコンビがメインではなく、剣岳の絶景が主役だったといわれても仕方ないと思います。

展開にもう少しスリルがあれば「本当の映画を見た!」と強調できますが、価値としては先日、渡辺謙が主演した「刑事一代」のような地上波の2夜連続の2時間ドラマでもいいくらいの内容でした。

余談になりますが、7人の測量隊が劔岳を登頂した7月13日が僕の誕生日と一緒だったので、ちょっと嬉しかったです(笑)

最新映画ネタバレ・批評レビュー! TOPページへ>>
ブログランキングに参加中です。
↓応援のワンクリックをお願いします↓

にほんブログ村 映画ブログへ blogram投票ボタン